リターン

ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと思っておいて損は無い。

テニスの試合に出ると、一般の大会では自分の親かそれ以上の方、と対戦する機会もありますよね。

サーブ、少し変わった感じかもしれません。

でも、絶対に侮ってはいけません。

「打ちごろだな」と思った時には、もう差し込まれているはずです。

 

ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

 


 

1.アンダースピンサーブとは、何者か?

これは、アンダーサーブではありません。

アンダーサーブではなく、しっかり上から打つサーブ。

ですが、ボールの下をなでるように打つので、自然とアンダースピン、スライスのような回転がかかる。

でも、スライスサーブとはまた違うんですよ。

スライスサーブって、ボールの横を切って、バウンド後は横に滑るような感じじゃないですか。

そうじゃなくて、ググっと伸びて来る感じ。

ベテランやシニアの方で、打点が低い感じで正面向き、で打つようなサーブ、だと思って下さい。

これが、意外に返球が難しいサーブなんです。

 

2.しっかりまず、ジャッジしよう

このサーブは、基本伸びて来ます。

ですので、フォルトする可能性も高い。

しっかり最後まで見て、ジャッジすることが大事。

ラインとボールの隙間に、コートが見えたらしっかりフォルトのジャッジを下しましょう。

慌てて打ちにいくと、「フォルトだったかも・・・」と、後から悔いることに。

ダブルスの試合なら、前衛がしっかり見てあげることが大事でしょう。

 

3.コツはしっかりと、テイクバックを終えて軸足セット

リターンの基本、ですね。

このサーブは、フワッと最後に伸びて来る。

見た目以上に、失速しないんですよ。

だからこそ、しっかり早い準備が大事。

間違っても、バウンドに合わせてテイクバックしないこと。

見た目は遅いサーブのように見えますが、最後に伸びのある、恐ろしいサーブですから。

 

4.基本はしっかり、打っていく方が良い

私は、こう思います。

強打ではなく、しっかり振っていく。

リターンでも回転をかけて、前に踏み込んでいく形が良いでしょう。

なかなか普段は感じることのない回転ですが、なるべく早く慣れることが大事。

とにかく、見た目以上に返球し辛いサーブですから。

テニスの大会では、本当に色々なサーブを打つ人がいる。

その順応力が高い人が、最後勝ち上がっていくんです。

 

実際に、試合で使えるサーブなんですよ。

確率が高いし、サーブ&ボレーにも向いている。

オムニコートでも滑って、リターンし辛い。

ベテラン、シニアのテニスを甘くみては絶対にダメ。

しっかり準備して、対等に戦う覚悟で、ぜひ若手のみなさんは頑張って下さい。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  2. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  4. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  5. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  5. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効…
PAGE TOP