ダブルス

テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。

それは、超攻撃的なボレー、を使う人が増えているということ。

これは、恐らくテニススクールでは教わることが出来ない、タブーとも言える技術、戦術。

今日、ここで書くことは、みなさんの推奨すべきことでは無いのかも知れない。

でも、こういうテニスもある、ということをしっかり考えておく、ことが大事なんです。

 

テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

 


 

1.低い打点のボレーも、ドライブボレー

ネット近くで低い位置でのボレー。

通常なら、スライスで安全にボレーを打つ場面ですよね。

でも、男子のトップレベルでの試合は、これを強打する。

低い打点でも、厚いグリップでドライブボレー、のようなフラットに近いようなボレーで叩いていく。

こういう技術を、私は最近何度も見ます。

恐らく、これはもうトレンドであり、今のラケットとガットなら、このショットが入ってしまうんでしょう。

低い打点のボレーでも、ネットの高さくらいの低さ、であれば攻撃していく。

その姿勢が、男子ダブルスには求められているのかも知れません。

 

2.同時に、2人で前衛の攻撃的並行陣、が普通になっている

2人でネットに出る、並行陣の後衛も、どんどんネットに詰めていく。

こういうダブルス、がすごく男子ダブルスでも増えましたね。

当然、後ろからロブを打たれると辛い。

でも、相当に良い場所に落ちるトップスピンロブ以外なら、下がってスマッシュしてしまう。

その脚力があるなら、2人でとことん前、センターに詰める、というのも、実は理にかなった作戦だと私は思います。

並行陣の後衛は、前衛の後ろをカバーして・・・という、スクールでの教えは、あえて無視。

こういう作戦、も試合の現場では必要な時、もあるでしょう。

 

3.その背景には、ストローク側が基本優位、の大原則がある

実際に、これがあるんだと思います。

今、男性の若い選手に普通にストロークを打たしたら、ネットプレー側が厳しい。

だから、なるべく低いボールでもつながない。

とにかく、ロブを打って欲しい。

こういうところから逆算していくと、テニススクールでは注意されるようなプレーになるんですよね。

ネット際で振るボレー、詰め過ぎる並行陣の後衛。

こういう相手、こそアナタ自身が倒していくべき相手、ですからね。

 

4.自分でもやってみる、ことは大事なこと

私は、ドライブボレーはともかく、攻撃的な並行陣はトライしてみる価値があると思っています。

実際、私も試合で使っています。

だって、並行陣の後衛としてネットから離れていると、沈められますから。

ここに強いボールで沈められると、本当に辛い。

だから、だったら前に出るよ、と。

ロブを打たれて、それが厳しいところに入ったら相手を褒める。

これで結構、勝てそうにない相手に勝って来た、のも事実です。

 

あくまで、現実主義で考えた結果、です。

セオリーではないこと、本当に必要なこと、相手にとって嫌なプレー。

それは、いつでも試合の現場にあります。

男性でダブルスを頑張るみなさんは、広い視野を持って、常に客観的に考えること。

それが出来れば、きっと試合にも勝てるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

  2. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

    ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、い…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない

    ダブルスのペアは、活躍するペアでも色々な関係性がある。仲が良い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるに…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
  3. ボレー

    「延長線上」というキーワード
  4. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て…
PAGE TOP