テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。

悪い人じゃないんだけど、組んでいて気持ち悪い・・・ような選手の方、いませんか?

私がペアを組んだ時に、気になる点はココ。

味方なのに、味方じゃない・・・ような気がしてきてしまう時点で、もうペアとしては崩壊気味です。

 

ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

 


 

■セルフジャッジは、大事な前衛の仕事!

リターン側の前衛は、しっかりサーブを見れる位置にいる。

「フォルト!」と大きい声でジャッジするのは、前衛の仕事です。

味方ペアのリターンの選手ももちろんジャッジしますが、横のラインは前衛の選手の方が見やすかったりする。

しっかり味方に対して気持ちの良いジャッジで貢献する、というのは大事です。

あ、ジャッジを自分たちに優位にするなんて、もっての他ですが。

ライン上のボールは、もちろんしっかり「イン」のジャッジの意志を込めて、何も言わずにプレーを続けることが基本ですね。

 

■「小さい声でのジャッジ」は味方ペアの調子まで乱す

プロ選手の試合をテレビで観たとき、ラインジャッジの方は大きな声で叫んでいますよね。

これが小さい声だったら・・・どうでしょう?

ラリーを続けてしまうかも知れませんよね。

実際に小さい声でのセルフジャッジは、味方のリズムも乱すし相手に対しても失礼。

格上選手や先輩が相手であっても、大きな声でのジャッジは基本です。

 

■「大きい声でのジャッジが恥ずかしい」人は、この機会に自分の殻を破ろう

「あまり大きい声でジャッジすると、相手を威嚇してるみたい・・・」と思った方、良い機会です。

自分自身の殻を、セルフジャッジのコールの声の大きさから変えて破ってみませんか?

自分を主張してこそのテニス、です。

ダブルスが苦手な選手でも、大きな声を試合中に出していくことでリズムが生まれる。

小さい自信って、こういう場面から養われていくのです。

 

まだまだ一般の方、学生の皆さんも声が小さい。

ジャッジも不安そうに、どこかぎこちない人が多い。

セルフジャッジは、大事な技術。

試合で勝っていく、強くなっていく上では大事なことですので、もっと強く意識しましょう。

きっとこんな小さいことから、アナタのテニスが変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーに…

    どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。…

  6. ダブルス

    ダブルスの前衛、ポジションはもっと〇〇で!

    ダブルスの前衛、でしっかりと決める仕事をしたい。私も、これは…

特集記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
PAGE TOP