テニス 観察

リターン

サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要なテクニックは?

目次

皆さんの周りに、サーブ&ボレーを得意にしている選手はいるでしょうか?

学生の皆さんでしたら、ダブルスでは多少あっても基本的には少数派かも知れません。

ですがラリーの中で前に出てきた相手にプレーするのは、その対抗策を持っていないと難しい。

いざ、大事な試合でそういったネットプレーが上手い相手と対戦したときに、慌てずしっかり対応する為には、しっかりした練習と準備が必要です。

足元に沈めるボールは、自信を持って打てるようにしておきましょう。

 

サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要なテクニックは?

 


 

1.ボレー対ストロークの基本練習から見直したい

普段、ストローク同士の練習が中心になっている選手は、要注意です。

ベースラインにいるストローカーを相手にしたときと、ネットプレイヤーを相手にしたときには根本的に全てが異なるくらいに思っておいて下さい。

その為に、ボレー対ストロークのようなラリー練習も行う訳ですが、はっきりと「違い」を自分の中で作れていますか?

まずはストローク側のボールの高さ。

深いボールが求められる、軌道が高いストロークではなく沈める低いストローク。

どうやって打ち分けるのかをしっかり意識して、練習しなければ意味がありません。

 

2.沈めるのはスピン?スライス?

両方の回転で、しっかり沈めるボールを打てるようになっておく必要があります。

特にスライスは、ほとんどの人が使えていない「沈める」ボール。

ディンクショットという呼ばれ方もしますが、最近テレビで放映していた世界卓球でもよく見られた「ストップ」に近い技術です。

つまり、遅くて相手の足元に沈んでいくボールを、ラケットのフォロースルーを止めることでボールが「ストップ」する。

相手からすれば、非常に打ちにくいボールになります。

何せ、ボールがなかなか飛んで来ない・・・。

その為には、しっかりボールに縦回転をかけて、ラケットを前に出し過ぎないように注意してみて下さい。

狙いはネットの50cmくらい上でOK。

ぜひ練習してみて下さい。

 

3.スピン系の沈めるボールは、ボールの頂点をネット手前に設定

ボールの頂点、つまり一番上がった状態をネットの少し手前に設定しましょう。

このイメージで打てれば、今のアナタのショットをそのままに、足元に沈めるボールに調整ができるはずです。

沈めるからこそ、ロブもまた活きる。

回転量のあるスピンを打つには、打点を高く、前でしっかりボールを打ちたい。

その為には、速い準備と構え直しが必須です。

特に男性の選手でフォアハンドのフォームが大きくなりやすい人は、反対の手で顔の前くらいの場所でラケットをキャッチ!

すぐ次の動作に入れるリズムを作りましょう。

 

実際には、沈めるボールを打つというのは難しい技術です。

すぐに上手くはなれません、根気が必要です。

まずは普段のボレー対ストロークのラリー練習を、ステップアップさせましょう。

しっかり沈める、ボレーヤーは深く返す、というのをレベル高く繰り返せるように。

少しの意識改革で、実戦で助けてくれる技術は身に付くはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 2/5(月) 高西コーチ女子シングルスレッスン&ゲーム会 in SEN…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 初開催!3/28(木) 土居コーチ男子シングルスレッスン&ゲーム会 i…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

    相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。で…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  4. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  5. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

  6. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

特集記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込む…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  3. テニス ストローク

    日々の雑記

    自分のテニスに、胸を張ってコートに立とう
  4. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの
  5. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう
PAGE TOP