テニス フットワーク

サーブ

リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、もやはテニス界のスタンダードになってきました。

このサイトでも、色々な観点からリターンはどんどん前に踏み込んでいきましょう!という話をしてきました。

でも、そうなったときにサーバー側の対策はどうでしょうか?

深いサーブはもちろん大切ですが、相手が前に来ることで距離感も狂いがちですよね。

そこで、上のレベルでは絶対に必要になる「あるコース」の重要性について、改めて確認してみましょう。

 

リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

 


 

1.切り札は、「センターへの厳しい」サーブ

結論から言えば、リターンを足止めするのに必要なのはセンターのサーブです。

なぜなら、一番サーバー側から距離が短く、最短距離でボールを相手コートに入れることができる。

つまり、ニアサイドへの攻撃が、センターへのサーブになるのです。

ここは、アグレッシブなリターナーのアキレス腱。

厳しいサーブを打たれれば、ポジションを後ろに下げざるを得ないのです。

 

2.スライスサーブ、スピンサーブを使い分けて相手から「離れていくサーブ」を

センターにただ打つ、だけではリターン側もそこまで脅威には感じてくれない。

ステップアップした攻撃にしていく為には、「相手から離れていくようなサーブ」をセンターに打ちたいのです。

スライスサーブとスピンサーブ、スピンサーブはキックサーブに仕上げておけると、相手から離れていくようなサーブが両再度から打てるでしょう。

これは普段の練習から、必要性を感じて練習しなければ絶対に身に付きません。

しっかりセンターに近いポジションから、サーブの練習できていますか?

相手リターナーをイメージしながら、サーブも練習していきましょう。

 

3.相手がセンターコースをケアしたら、ワイドにもしっかり打つ!

相手がセンター方向をケアし始めたら、今度はワイドに展開するチャンス。

この両コースをしっかり突けて、初めて相手よりも精神的に優位に立つことができるのです。

それでもポジションを下げない相手がいれば、かなりの強敵。

自分のリターンに絶対の自信があるからです。

そうなったらもう、駆け引きの勝負。

いかにコース取りと、ファーストサーブを入れるかが重要か・・・ですね。

 

サーブは威力が重視されがちですが、いかにコースが大事かを少しは理解して頂けたでしょうか?

遅くても回転量があり、リターンの選手をしっかり動かせるサーブこそ、試合で使えるサーブ。

どんなに遅いサーブでも、リターン側はバウンドするまでは触れません。

そしてバウンドしたら激しく変化するサーブであれば、そんなに前に踏み込んでもこれない。

ベストはセカンドサーブでもこの技術を遂行できるようになることですが、まずはファーストサーブの意識から。

相手リターンにプレッシャーを感じないよう、先手を打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策

    「2度あることは、3度ある」ということわざがあります。これはも…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと

    試合を観ていて、しんどそうに見える場面。その一つが、間違いなく…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう

    サーブを打つ時に発せられる音、について。皆さんは神経をとがらせ…

  5. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

    テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも…

  6. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
  2. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  3. テニス 錦織圭

    日々の雑記

    「錦織圭」選手について、アナタは自分の意見を持っておく必要がある
  4. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること
  5. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意…
PAGE TOP