リターン

リターンは一歩目の精度がカギ

相手のサーブを、リターンする。

テニスはここから試合開始、試合の半分はリターンからスタートすることになります。

でも、このリターンが難しい。

今回はその難しさ、何が難しいのかを考えて一緒に対策を練っていきましょう。

着目したいのは、「歩数」です。

 

リターンは一歩目の精度がカギ

 


 

1.なぜ、リターンは難しいんだろう?

よく考えてみれば、なぜでしょう。

相手のサーブが、凄い?

私たち一般の試合では、ほとんどそう感じられるようなビッグサーバー、は少ないはず。

サーブは入るエリアが決まっているし、自分に向かってボールが飛んで来る。

難しいはずはない、と思いませんか?

確かに、ストロークよりはボールが速いというのはあります。

発想次第で、私はリターンはより簡単に出来る、と思いますよ。

 

2.使う歩数は、2歩だけ

ストロークのように、走って止まって打つ、と考えると難しい。

それにボールに力があるし、滑ったり弾んだり、ボールの変化が激しいですよね。

走って止まってタイミングを合わせよう、と思うと難しい。

使う歩数は、決めてしまいましょう。

リターンは、2歩で良い。

2歩で合わせる、その1歩目が大事。

この1歩目の精度、が鍵なんです。

 

3.1歩目は、ざっくり大きく合わせる

試合に勝ち進んでいけば、サーブのコントロールが良い相手が多い。

両コーナーを突かれて、2歩で合わせることにチャレンジしていかないとダメなんです。

1歩目、はしっかり大きく、合わせる。

私は右利きですが、フォア側だと思ったら大きく右足から前に出していく。

小さい修正は、2歩目で良い。

最初の1歩目をしっかり大きく、素早く反応する精度を鍛えること。

これが、何より大事です。

 



 

4.1歩目は大きく、2歩目は小さく

私がリターンしている時に、意識しているのはコレ。

1歩目はなるべく大きく、ハッキリと動く。

2歩目は微調整、でも前に踏み込みながら、その瞬間にリターンを打つ。

打点と2歩目、を合わせる感じですね。

2歩で合わせる意識ですけど、まずは1歩目、その精度に70%くらいの意識を使う感じで良いでしょう。

あくまで、私たちが狙うのは1歩目を大きく出して、サーブの球筋の後ろに入ること。

そこから2歩目で最終調整、を意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

サーブを打ってもらい、それをリターンする形だけ作る。

リターン側の選手は、ラケットを持たないでサーブを受けてみましょう。

ラケットを持たないので実際には打ち返さない、足だけ合わせる感じ、で練習します。

サーブを見て、足だけ合わせる。

これが出来ると、実際の試合では楽にリターン出来ます。

サーブ練習の打ちっ放し、の練習の時にリターン側に立つだけでも良い練習になりますよ。

ラケットを持たないで立つって、新鮮です。

 

足を合わせることが出来れば、リターンは飛躍的に上達します。

3歩以上使ってバタバタ、している人はまず良いリターンは打てない。

タ、ターンという感じで合わせるリターン、磨いていきましょう。

キーワードは、1歩目の精度です。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

    相手のサーブが、微妙なところに入る。インと言えばイン・・・の…

  2. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  3. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  4. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  6. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力
  2. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  4. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
PAGE TOP