テニス リターン

ダブルス

クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。

この必要性を何度も書いてきましたが、今回はあえて、別な視点で。

もちろん、揺さぶりや工夫は大事ですが、雁行陣の後衛ならこの意識も前提として大事。

クロス勝負、気持ちで負けたら絶対にダメです。

 

クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

 


 

1.実際の試合を、イメージしてみよう

前衛が早く動く、ポーチに出る。

この必要性を何度も書いてきましたが、実際の試合はどうでしょう?

そんなに、動けないですよね、前衛。

どうしても、後衛主体の戦いになるのが、高校生や大学生、社会人一般プレイヤーの試合です。

だからこそ、後衛の皆さんは技術以上にこの意識、気持ちを持って欲しい。

相手後衛とのクロスの打ち合いに、負けてはダメ、です。

 

2.「クロスのラリー勝負なら、負けない!」と思えば、ポジションは下がらない

相手に押されて、ズルズル下がってしまう後衛は、気持ちが弱い。

あえて、「気持ち」という言葉を使わさせてもらいます。

下がってもどんどん、自分で苦しくなるだけ。

もっと自分から先手を取る、しっかり相手を押し込んでいく意識を、強い相手と対戦するときほど持つようにしましょう。

下がらないストローク、だったらライジングショットも普段から練習しておかないといけない。

気持ちを込めたプレーは、何より相手の前衛にも伝わる。

ポーチだって、恐れる必要は無いんです。

 

3.重いストロークのボールは、ポーチすら打ち砕いていく

気持ちがこもったプレー、が出来ていれば相手の前衛は気にしなくて良い。

出て来られても、気にしない。

アナタも経験があるかも知れませんが、気持ちがこもったボールは重い、重いから相手のボレーも弾いてくれる。

中途半端な気持ちで相手の後衛と打ち合っているときに、ポーチで決められるんです。

ダブルスの試合、雁行陣ってそういうもの。

クロスラリーで負けない意識は、全てを凌駕していく。

これだけは、覚えておいて下さい。

 

珍しく精神論っぽくなりましたが、こういう意識って大事です。

何度も試合中、自分の頭の中で「お前とのクロスラリーには、絶対に負けないぞ!」という意志を伝える。

その次の段階で、工夫や後衛勝負を避ける、という作戦や選択が出て来る。

最初から避ける、逃げる、ではテニスとして弱くなってしまいますからね。

ぜひ、ダブルスを戦うときには意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  3. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?

    普段の試合とは別で、練習で試合をしたりするとき。または急遽、代…

  4. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る
  2. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?
  4. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ
PAGE TOP