テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。

まず冷静になって、クロスの選手、つまりは後衛同士の実力差を考えてみましょう。

そうすることで、前衛としてどういうプレーが有効なのか。

きっと見えてくるはずです。

 

ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

 

ミックスダブルスでは、特に必要な考え方

ミックスダブルスでは、どうしても男性と女性がラリーする場面が増える。

ラリーの前に、サーブとリターン、ですね。

普通に考えれば、女性が男性にまともに対抗するのは難しい・・・。

つまり、前衛が効果的に助けにいく、守備でサポートする、という考え方は必要。

任せっきりで失点して、何も知らん顔・・・な前衛は、最悪です。

 

自分のペアが押していける!ときには・・・?

前衛にいるときに、自分のペアの選手が相手の後衛の選手よりも強い、押していける!

ときには、積極的にポーチに出ていきましょう。

ですが、当然相手も考えてきます。

まともにクロス勝負してくれない、頭を使った作戦で来る可能性もあるので、ストレートケアも必要ですが・・・「速いストレートのボール」は来ない可能性が高い。

ポーチに出るか、ストレートロブを張るか。

後衛が押してくれているなら、前衛がしっかり仕事をしないとですね。

 

自分のペアが押されているときには・・・?

さぁ、ここが前衛としての力の見せ所。

味方ペアが押されている、相手が強いときにどうするのか。

私はあえて、「ポーチに積極的に出る」を実践します。

だって、そのままクロス勝負になって厳しい訳ですから、前衛が前で触った方がチャンスがある。

受け身に回ってしまうこと、が一番まずいはずです。

ダブルスの雁行陣なら、前衛も前に、後ろに・・・と、クロスラリーに合わせて守備と攻撃を繰り返しますよね。

もちろん、これは基本。

ですが、相手が強いときには、時に「守備を捨てて」思い切ってクロスのボールにポーチに出る。

その勇気、大事だと思います。

 

冷静に戦力分析、が出来れば戦い方が見えてくる。

自分が前衛にいるなら、「誰と、どこで、どんな武器で」戦えば良いのか。

勝利する確率が高い方法は・・・?

全くリスクを取らないで勝つ、なんて楽な道はありません。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、センター狙いは、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

    ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。リターンのときに、よく…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスで女性に深くボレー、を打てるときには「まず、ロブケアとセット」で考えること

    ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味が無い

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い
  4. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
PAGE TOP