テニス ストローク

リターン

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えたい。

今回のテーマは、もしかしたらアナタ自身のリターンを飛躍的に向上させていくかも知れない。

それくらいの意識で、ちょっと読んでみて下さい。

難しい打ち方、よりもまずはポジション。

それも、ダブルスのリターンでは絶対に有効な「前でのリターン」。

ストレートアタックには最適です。

 

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

 

1.相手前衛との距離を縮めてみよう

リターンで、ストレートに展開していく。

その上で、しっかり相手前衛との距離を詰めていく意識が大事です。

距離を縮めていくことが出来ると、それだけリターンは強力になる。

相手前衛に近いと、リターンの打点からの到達までの時間が短くなる。

距離が短いと、それだけ反応するのが難しい。

身体の傍を通過するようなボールでも、きっと抜けたり触るのがやっと、みたいな感じになっていく。

強いボール、強打は全く必要無いんです。

 

2.1メートル前にするだけで、リターンは全く変わる!

たかが1メートル、されど1メートル、です。

ベースラインよりも前に入ったときに、その威力は全然変わってきます。

この効果は、やってみた人から実感出来るでしょう。

「相手サーブが速いのに、そんなの無理・・・」と思っている人、その速いサーブって今年何回受けましたか?

むしろ、勢いが無くて失速するような感じ、のサーブばっかりじゃないですかね?

私たちの試合のレベルだと、コーナーを突いたようなサーブはほとんど試合では無いはず。

そういうナイスサーブは、下がっていても結局返球が難しい。

だからこそ、1メートル前、で相手にプレッシャーをかける。

セカンドサーブなら、2メートル前でも良いくらいですね。

 

3.ボールをしっかり引き付けよう

前に入ってのリターンなら、慌てて前に踏み込む必要も無い。

しっかりボールを引き付けてあげる。

自分から突っ込むのではなく、自分の打点に呼び込んで丁寧にストレートへリターンしていく。

これだけ、です。

リターンのストレートアタック、後ろから強打ではなく、前で合わせていく。

センターへ厳しいサーブが来ても、ストレートへのリターン、と決めておけばそれを実行するだけ。

ダブルスの試合ですから、しっかりポイント前にパートナーとも確認しておきましょう。

 

4.ストレートへ高い打点で打てる、のが前のポジション

しっかり高い打点で打てる、のも前に入ってのリターンの魅力。

高い打点で打てれば、ネットが高い前衛の前を通過させるのも問題無いはず。

高い打点でのリターンって、きっとこれからのアナタのテニス選手としての大きな武器になるはず。

この意識は、後ろで待っているだけだと絶対に身に付かないんですよね。

前に入りながら、しっかり自分で「あ、これが効くんだ・・・」というのを感じて欲しい。

感じて相手の前衛が嫌がっている、ことに気付ければ、本当にリターンって楽になりますよ。

まずは勇気を出して、前に入ることから全てが始まります。

 

きっと、最初は怖いと思います。

ですので、まずはセカンドサーブから、でも良いでしょう。

今回は1メートル、と書きましたが、本当はサービスライン付近くらいまで近づいて欲しい。

それが私の願いです。

「そんなの無理だよ!」と思った方ほど、この作戦、一度やり始めると止めれないですよ。

それくらい、効果がある作戦、なんです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然と」…

  2. テニス ロブ
  3. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  4. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  5. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  6. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります
  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、「ここに来たら、こう返す」を決めて待てる…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳を重ねることは、テニス選手の成長を阻害して…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
PAGE TOP