テニス ストローク

リターン

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えたい。

今回のテーマは、もしかしたらアナタ自身のリターンを飛躍的に向上させていくかも知れない。

それくらいの意識で、ちょっと読んでみて下さい。

難しい打ち方、よりもまずはポジション。

それも、ダブルスのリターンでは絶対に有効な「前でのリターン」。

ストレートアタックには最適です。

 

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

 

1.相手前衛との距離を縮めてみよう

リターンで、ストレートに展開していく。

その上で、しっかり相手前衛との距離を詰めていく意識が大事です。

距離を縮めていくことが出来ると、それだけリターンは強力になる。

相手前衛に近いと、リターンの打点からの到達までの時間が短くなる。

距離が短いと、それだけ反応するのが難しい。

身体の傍を通過するようなボールでも、きっと抜けたり触るのがやっと、みたいな感じになっていく。

強いボール、強打は全く必要無いんです。

 

2.1メートル前にするだけで、リターンは全く変わる!

たかが1メートル、されど1メートル、です。

ベースラインよりも前に入ったときに、その威力は全然変わってきます。

この効果は、やってみた人から実感出来るでしょう。

「相手サーブが速いのに、そんなの無理・・・」と思っている人、その速いサーブって今年何回受けましたか?

むしろ、勢いが無くて失速するような感じ、のサーブばっかりじゃないですかね?

私たちの試合のレベルだと、コーナーを突いたようなサーブはほとんど試合では無いはず。

そういうナイスサーブは、下がっていても結局返球が難しい。

だからこそ、1メートル前、で相手にプレッシャーをかける。

セカンドサーブなら、2メートル前でも良いくらいですね。

 

3.ボールをしっかり引き付けよう

前に入ってのリターンなら、慌てて前に踏み込む必要も無い。

しっかりボールを引き付けてあげる。

自分から突っ込むのではなく、自分の打点に呼び込んで丁寧にストレートへリターンしていく。

これだけ、です。

リターンのストレートアタック、後ろから強打ではなく、前で合わせていく。

センターへ厳しいサーブが来ても、ストレートへのリターン、と決めておけばそれを実行するだけ。

ダブルスの試合ですから、しっかりポイント前にパートナーとも確認しておきましょう。

 

4.ストレートへ高い打点で打てる、のが前のポジション

しっかり高い打点で打てる、のも前に入ってのリターンの魅力。

高い打点で打てれば、ネットが高い前衛の前を通過させるのも問題無いはず。

高い打点でのリターンって、きっとこれからのアナタのテニス選手としての大きな武器になるはず。

この意識は、後ろで待っているだけだと絶対に身に付かないんですよね。

前に入りながら、しっかり自分で「あ、これが効くんだ・・・」というのを感じて欲しい。

感じて相手の前衛が嫌がっている、ことに気付ければ、本当にリターンって楽になりますよ。

まずは勇気を出して、前に入ることから全てが始まります。

 

きっと、最初は怖いと思います。

ですので、まずはセカンドサーブから、でも良いでしょう。

今回は1メートル、と書きましたが、本当はサービスライン付近くらいまで近づいて欲しい。

それが私の願いです。

「そんなの無理だよ!」と思った方ほど、この作戦、一度やり始めると止めれないですよ。

それくらい、効果がある作戦、なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  2. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  3. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのが…

  4. テニス メンタル
  5. テニス スマッシュ

    リターン

    テニスの試合では、身長が低い選手のサーブは「回転系が基本になる」ことを理解しておくこと

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  6. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したいこと

    ダブルスの試合、リターンで気になるのは前衛の動き。気にならない…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い
  3. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない覚悟を持…
  4. ストローク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  5. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必…
PAGE TOP