テニス ストローク

リターン

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えたい。

今回のテーマは、もしかしたらアナタ自身のリターンを飛躍的に向上させていくかも知れない。

それくらいの意識で、ちょっと読んでみて下さい。

難しい打ち方、よりもまずはポジション。

それも、ダブルスのリターンでは絶対に有効な「前でのリターン」。

ストレートアタックには最適です。

 

ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

 

1.相手前衛との距離を縮めてみよう

リターンで、ストレートに展開していく。

その上で、しっかり相手前衛との距離を詰めていく意識が大事です。

距離を縮めていくことが出来ると、それだけリターンは強力になる。

相手前衛に近いと、リターンの打点からの到達までの時間が短くなる。

距離が短いと、それだけ反応するのが難しい。

身体の傍を通過するようなボールでも、きっと抜けたり触るのがやっと、みたいな感じになっていく。

強いボール、強打は全く必要無いんです。

 

2.1メートル前にするだけで、リターンは全く変わる!

たかが1メートル、されど1メートル、です。

ベースラインよりも前に入ったときに、その威力は全然変わってきます。

この効果は、やってみた人から実感出来るでしょう。

「相手サーブが速いのに、そんなの無理・・・」と思っている人、その速いサーブって今年何回受けましたか?

むしろ、勢いが無くて失速するような感じ、のサーブばっかりじゃないですかね?

私たちの試合のレベルだと、コーナーを突いたようなサーブはほとんど試合では無いはず。

そういうナイスサーブは、下がっていても結局返球が難しい。

だからこそ、1メートル前、で相手にプレッシャーをかける。

セカンドサーブなら、2メートル前でも良いくらいですね。

 

3.ボールをしっかり引き付けよう

前に入ってのリターンなら、慌てて前に踏み込む必要も無い。

しっかりボールを引き付けてあげる。

自分から突っ込むのではなく、自分の打点に呼び込んで丁寧にストレートへリターンしていく。

これだけ、です。

リターンのストレートアタック、後ろから強打ではなく、前で合わせていく。

センターへ厳しいサーブが来ても、ストレートへのリターン、と決めておけばそれを実行するだけ。

ダブルスの試合ですから、しっかりポイント前にパートナーとも確認しておきましょう。

 

4.ストレートへ高い打点で打てる、のが前のポジション

しっかり高い打点で打てる、のも前に入ってのリターンの魅力。

高い打点で打てれば、ネットが高い前衛の前を通過させるのも問題無いはず。

高い打点でのリターンって、きっとこれからのアナタのテニス選手としての大きな武器になるはず。

この意識は、後ろで待っているだけだと絶対に身に付かないんですよね。

前に入りながら、しっかり自分で「あ、これが効くんだ・・・」というのを感じて欲しい。

感じて相手の前衛が嫌がっている、ことに気付ければ、本当にリターンって楽になりますよ。

まずは勇気を出して、前に入ることから全てが始まります。

 

きっと、最初は怖いと思います。

ですので、まずはセカンドサーブから、でも良いでしょう。

今回は1メートル、と書きましたが、本当はサービスライン付近くらいまで近づいて欲しい。

それが私の願いです。

「そんなの無理だよ!」と思った方ほど、この作戦、一度やり始めると止めれないですよ。

それくらい、効果がある作戦、なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ブロックボレーやブロックリターンは、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  3. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したいこと

    ダブルスの試合、リターンで気になるのは前衛の動き。気にならない…

  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  6. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立て…
  3. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず…
PAGE TOP