テニス リターン

リターン

ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきました。

ですが、改めてリターン側の視点から、「いかにポーチを予防するか」について考えておくことも大事。

皆さん、イメージしてみてください。

どんなリターンを打つ相手だと、ポーチに出るのが難しくなるでしょうか・・・?

 

ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

 


 

1.もちろんストレートに打って来る相手も嫌、だけど・・・

それ以上に、嫌な相手。

それは、前に踏み込んでリターンしてくる相手、です。

前に踏み込むと、相手の前衛はポーチに出るタイミングが消されてしまう。

いつも、かなり前にスタートを切っている相手でも、間に合わないでリターンのボールが横を通過してしまうでしょう。

アナタがサーブ側の前衛にいる、と思ってイメージしてみて下さい。

前に踏み込んでライジング、早いタイミングでリターンしてくる相手って、本当に嫌じゃないですか・・・?

 

2.速いタイミングで踏み込まれると、コースが読めない

リターンのコース、読めないんですよね。

前に踏み込んで打ってくる相手は、もはやリターンというよりボレーに近い。

合わせるだけでパーンと打って、そのまま前に詰めてくる、という相手も多いでしょう。

アナタが仮にポーチに出たとしても、相手は2人が前。

そのままサーブ&ボレーの選手も含めて、一気に4人が前にいる、4アップの態勢になる。

こういう試合って、レベルが上のペア同士になるとよくある光景、です。

 

3.前に踏み込んでのリターン、必要なことは?

まず、相手のセカンドサーブでしっかり試したい。

そして、ボールのバウンドに向かっていきながら、リターンのコースは決めておく。

前衛の動きが見えても、途中で変更しない、早いタイミングで捕らえられていることが一番大事。

出来るだけ浮かないようなリターンにしたいところですが、もし浮いても慌てない、しっかり守備の態勢を整えましょう。

前に踏み込む、相手がセカンドサーブを打つときんは、せめてベースラインより1メートルくらいは前、にポジションを取っておきましょう!

 

ポーチにいつも悩まされている人は、試してみて下さい。

リターンをして、そのままリターンダッシュ、する方が自然です。

そのままの位置にいては、逆にやられます。

ネットプレーへの流れを練習する意味でも、ぜひトライしてみて下さいね。

 

今回のまとめ

リターンで前に踏み込めば、相手の前衛は怖く無い!

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  2. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  3. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

  5. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  6. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  2. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておき…
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本
PAGE TOP