テニス リターン

リターン

ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきました。

ですが、改めてリターン側の視点から、「いかにポーチを予防するか」について考えておくことも大事。

皆さん、イメージしてみてください。

どんなリターンを打つ相手だと、ポーチに出るのが難しくなるでしょうか・・・?

 

ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

 

1.もちろんストレートに打って来る相手も嫌、だけど・・・

それ以上に、嫌な相手。

それは、前に踏み込んでリターンしてくる相手、です。

前に踏み込むと、相手の前衛はポーチに出るタイミングが消されてしまう。

いつも、かなり前にスタートを切っている相手でも、間に合わないでリターンのボールが横を通過してしまうでしょう。

アナタがサーブ側の前衛にいる、と思ってイメージしてみて下さい。

前に踏み込んでライジング、早いタイミングでリターンしてくる相手って、本当に嫌じゃないですか・・・?

 

2.速いタイミングで踏み込まれると、コースが読めない

リターンのコース、読めないんですよね。

前に踏み込んで打ってくる相手は、もはやリターンというよりボレーに近い。

合わせるだけでパーンと打って、そのまま前に詰めてくる、という相手も多いでしょう。

アナタが仮にポーチに出たとしても、相手は2人が前。

そのままサーブ&ボレーの選手も含めて、一気に4人が前にいる、4アップの態勢になる。

こういう試合って、レベルが上のペア同士になるとよくある光景、です。

 

3.前に踏み込んでのリターン、必要なことは?

まず、相手のセカンドサーブでしっかり試したい。

そして、ボールのバウンドに向かっていきながら、リターンのコースは決めておく。

前衛の動きが見えても、途中で変更しない、早いタイミングで捕らえられていることが一番大事。

出来るだけ浮かないようなリターンにしたいところですが、もし浮いても慌てない、しっかり守備の態勢を整えましょう。

前に踏み込む、相手がセカンドサーブを打つときんは、せめてベースラインより1メートルくらいは前、にポジションを取っておきましょう!

 

ポーチにいつも悩まされている人は、試してみて下さい。

リターンをして、そのままリターンダッシュ、する方が自然です。

そのままの位置にいては、逆にやられます。

ネットプレーへの流れを練習する意味でも、ぜひトライしてみて下さいね。

 

今回のまとめ

リターンで前に踏み込めば、相手の前衛は怖く無い!

 

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法

    試合に始めて出た時のこと、みなさんは覚えてますか?一番苦戦した…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

  3. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに変えていこう!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている
  3. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、自分から得意になっていこう
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  5. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
PAGE TOP