メンタル

コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない

みなさんが今、何かに苦手意識を持っているのなら。

それは、大きなチャンス。

テニスを成長させていくうえで、私が一番必要だと感じているもの。

それは素質でも環境でもなく、コンプレックスです。

 

コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない

 


 

1.とにかくストロークが大嫌いでした

私も、たくさんコンプレックスがありました。

特に、ストローク。

これがずっと、学生時代苦手意識があり上手くいかない。

時代はストローク全盛期なのに、自分は全然出来ないという意識がすごく強かったです。

それがあるきっかけで、ライジングショット=ボレー感覚のストローク、に気付いて開眼。

今では、ベースライン上でのプレーも好きになりました。

このスタイルって、最初からストロークが大好きだったらまず身に付かなかったスタイル。

だからこそ、私自身は大切にしたいしその根拠がある、と思っています。

 

2.苦手だから考える、克服したいと思えるようになる

得意なこと、出来ることよりも、強さが深い。

自分で考えて克服したことは、その過程を知っているので試合でも強さを発揮するんですよね。

何か困ったとき、迷ったときに頼ることが出来る。

私自身、リターンでもどんどん前に踏み込んでいきますが、その強さの源は「コンプレックスから磨き上げたもの」という自負があるから。

メンタルの強さとか、結局はこういう積み重ねがだと私は思いますよ。

本物の強さって、弱さからしか生まれない。

テニスもそれは同じだと思います。

 

3.人から言われるくらい、がチャンス

でも日本では、真面目な人が多い。

「アナタはボレーが苦手なんだから、後ろで粘りなさい」と言われたら、もうネットに出ない人ばかり。

これでは、テニスも成長しないし何も楽しくないじゃないですか。

人から言われる、指摘されるくらいで上等。

アドバイスは真摯に受け止めますが、それはチャンスだと思って良い。

周りから言われて、それを覆すくらいの気概を持ちましょう。

テニス選手として強くなって試合に勝ちたいなら、自分のコンプレックスにこそチャンスがある。

練習の原点、をここに見出した人は強くなります。

 



 

4.誰もアナタの背中を押してはくれない

じゃあ、どうするのか。

自分について考えて、目を背けていたコンプレックスと向き合う。

これを、強くしていこうと決める、工夫する。

継続していく背中を押してくれる人は、誰もいません。

アナタ自身がまず、スタートを切って汗をかいていかないと。

時には、涙するくらい苦しいこともあると思います。

でも、今テニスが強い人もみんな、そうやって強くなってきていると思って下さい。

大事なことは、継続すること。

何事も、簡単に成果は出ない、だからこそ価値がある強さになっていくんです。

 

5.お勧めの練習法

自分の中で、試合で使わないショット。

練習しない技術、を思い出して書き出してみましょう。

きっと、そこにアナタ自身のコンプレックス、開発の種がたくさんあるはず。

どうしても、試合では得意なことばかりで戦いたくなりますからね。

それも大事な意識ですが、壁にぶち当たってしまっている人は、違う視点を持っていきたい。

自分の劣等感、コンプレックスと向き合うこと。

これが出来れば、テニスはまだまだ上手くなります。

 

足が遅い、ストロークが出来ない、私自身テニス選手としては自信を無くしかけたこともたくさんありました。

それでも、工夫したいという意志は誰よりも強かった。

それが、今の私を作ったと感じています。

そしてこうやって、みなさんの前で記事を書かせて頂いていることも、大きな変化。

文章を書いたり、人と話したりすることは苦手でしたが、それも強さに変わった気がします。

まだまだみなさん、自分の可能性に蓋をするのは早いですよ。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  2. メンタル

    相手のミスは、とにかく期待しないこと

    試合では、相手のミスでも自分の得点。でも、これを期待し過ぎて…

  3. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  4. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  5. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  6. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと
  5. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて
PAGE TOP