テニス メンタル

メンタル

テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

試合前は、いつだって緊張する。

それはどんなに試合慣れした人でも、大なり小なりは必ず付いて回る問題。

0には出来なくても、出来るだけ平常心で試合に入っていけるように、何か工夫は出来ないものか・・・と、考えたことはありませんか?

今回は私が実践してきた、試合前の過ごし方についてまとめてみます。

 

テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

 


 

1.深呼吸を5回する

しっかり大きく息を吸って、ゆっくりゆっくり、吐いていく。

深呼吸を繰り返すことで、頭にしっかり酸素がいくような感覚になれるはずです。

コツは、ゆっくり細く長く、息を吐いていくということ。

目を閉じて、試合前にやるだけで頭がスッキリするはずです。

 

2.テニスボールを1個触っておく

この後で戦うときに、主役になるのは選手であり、テニスボール。

テニスボールが自分に味方してくれているような感覚に、ずっと持っているとなります。

投げたり打ったりするのではなく、優しくずっと握っておく。

そのボールで試合をする訳ではありませんが、「これから宜しくね」という感じで過ごせると精神的にも安定します。

 

3.好きな音楽を聴く

試合前10分くらいには、1曲好きな曲を聴く。

イヤフォンをしている選手が多いですが、私は座ってしっかり聴く。

歩きながら聴いても良いですが、私はそもそも人にぶつかりそうになるイヤフォンが苦手だったので、座って精神統一。

それも聴くのは1曲だけ、に決めていました。

気持ちを高めよう!と焦って何曲も探して聴いてって・・・逆に不安になったりもしますので。

 

4.自分の良いショットの動画を観る

試合も近くなると、良いイメージのときの自分の動画を確認。

サーブ、フォアハンド、自分が一番試合で使うショットの動画は、しっかりスマートフォンに入れておきましょう。

自信をしっかり蓄えて、試合の序盤に全力で入れるように。

ここまで来れば、もう緊張もだいぶほぐれてきているはずです。

 

5.トイレで最終の気合い入れ

試合前は最後にトイレに。

鏡の前で、自分自身と会話しましょう。

この次の試合、「自分はどうしたいのか?何をすべきなのか?」を、しっかり確認して語りかけておく。

テニスの試合は序盤が大事。

緊張感さえ克服出来れば、スタートダッシュで主導権を握れるはずです!

 

試合前の過ごし方から、試合は始まっている。

緊張感は自分でコントロールしないと、誰も助けてくれません。

不安はあって当然。

勝ちたいと思うから、皆不安になるのです。

その緊張を乗り越えてこそ、勝てるテニス選手になれる。

しっかり乗り越えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  3. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?

    プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。良いんです、最初…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  5. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  2. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
  5. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない
PAGE TOP