テニス メンタル

メンタル

「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでしょうか・・・。

「もう試合を止めたい・・・」

「結果なんて良いから、この場からいなくなりたい・・・」

プロ選手でも、アナタの周りにいる強い選手でも、必ず通ってきた道なのです。

そしていつ何時、またこういった心境になるかも分からないのが、テニスの恐ろしいところ。

どういう準備とトレーニング、考え方が有効なのでしょうか?

 

「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

 


 

■対戦相手は、弱い心を持つアナタ自身である

試合中に、自分と会話したことはありますか?

対戦相手にばかり意識が向いていると、急に弱気になってくる自分を上手くコントロールできないケースがあります。

「今日はちょっとフォアの調子が悪いから、ガマンしないと・・・」

「サーブが入っているからリードしているだけで、入らなくなったらキツイ・・・」

という感じで、自分の調子と常に向き合う癖を付けましょう。

それはメンタル面も同じ。

相手に押されて、元気が無くなったときにアナタを励ますのは、アナタしかいません。

自分を勇気づける言葉を、常に持って試合に臨むようにしましょう。

 

■勝敗が決まった後では、何を後悔しても無意味

試合中に逃げ出したくなるときには、大抵は負けて上手くいっていないとき。

気持ちは、分かります。

応援してくれている仲間の声援にも応えたい、だけども戦う気力と戦術が無い・・・。

そんなときに、考えてみて欲しいのは、「試合結果は、今コート上でしか変えられない」ということ。

後からどんなに後悔しても、後の祭り。

まだコート上にいて試合が進行しているのであれば、やりきることは誰にでもできます。

相手が強くて勝てなくても、やりきることが大切なのです。

普段の練習から、オールアウト=100%を出す、という意識で臨むようにすれば、その経験は自信となりアナタを助けてくれるでしょう。

 

■負けること、上手く出来ないことは恥では無い

負けず嫌いの人は、テニスプレイヤーにも多いのですが、負けるということは何ら恥ではありません。

ではテニスの試合において、恥ずかしいこととは何でしょうか。

それは若い学生にありがちな、余力を残して自分に言い訳を作ること。

全力を出しきらないこと、結果から目を背けて逃げていくこと。

さらに酷いのは、それを恥と感じていないことなのです。

 

感情のコントロールは、ラケットのコントロール以上に難しいかも知れません。

テニスはメンタルのスポーツと言われますが、長い試合だと3時間以上、自分自身の弱い心と向き合っていかなければならない、過酷なスポーツです。

でもそれ以上の達成感が、試合に勝った時に得られるのもテニス。

負けても良い、恥をかいても良い。

最後に勝って、笑いましょう。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか

    試合に強くなる人、上手くなる人は他の人と考え方が違う。それは、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

    私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。そういう人って、…

  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  6. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  2. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
  3. テニス 練習

    ストローク

    ライジングショットをふかさない為には、「ラケットを持つ腕の肘の位置を高く」意識す…
  4. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ
PAGE TOP