テニス 指導

メンタル

なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

2年前、ある高校生の試合を観ていました。

それは団体戦で、とある全国大会の1回戦。

ダブルスの試合、相手のマッチポイントでボレーが決まって、ゲームセット・・・と思ったら。

その失点で負けたはずの相手の選手が、こう言いました。

「今、プレー中に相手が声を出しました」と。

その試合、チェアアンパイアは付いてましたが、現地の高校生。

何が何だか分からないままに・・・そのマッチポイントはやり直しになった試合、を今でも覚えています。

 

なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

 


 

1.マッチポイントをやり直しになり、そのまま大逆転勝利に

もう、みなさんのご想像の通りです。

マッチポイントをやり直しになった時点で、もう戦意喪失。

団体戦のダブルス、一度勝ったと思ったらもう、その雰囲気って変わらないですよね・・・。

私はこの試合、本当の意味での「執着心」を見た気がします。

声を出す、のは確かに厳密に言えば、反則。

でもマッチポイントでそれを取っておいたかのように、出す。

必死で試合に勝とう、と考えた結果、だったんだと思います。

 

2.最後まであがく、というのはテニス選手として必要なこと

負けてる試合って、早く終わりたい。

だからこそ、負けている試合はサクサク進んで、思考が止まる。

でも・・・最後まであがける選手、というのは強い。

もちろん、先ほど書いたようなことが褒められた行為とは思いません。

ハッキリ言って、反則ギリギリ、ですよ。

でも・・・そこまでして勝ちたかった、それに、それ以外の方法で勝つ方法が無かった、とも言えます。

負けた選手も、マッチポイントこそ慎重にいかないといけなかったかも知れない。

確かに、私も観ていてマッチポイント、まだ決まっていないのに「カモーーン」と叫んでいた。

それが落とし穴になった、のは事実なのです。

 

3.アナタ自身の「執着心」はどこにあるだろう?

執着心、皆さんにあるでしょうか?

私は、少しでも時間を使う・・・くらいは絶対にやる。

2-5で負けている、最後のゲームにしないように、何とか長くプレーする。

靴紐を結び直したり、ガットを見たり・・・少しでも相手をじらす。

執着心、とまでは言えないかもしれませんが、こういう小さい工夫でも相手が崩れてくれることもある。

執着心、持っているのか?

私自身も、課題です。

自分自身、淡泊な試合を繰り返していないかは、今日も問いかけて問いかけて、終わりはありません。

 

皆さん生活していて、執着心なんて必要ない。

仕事や恋愛で、どうしても・・・というとき、もあると思いますが、普通は諦めますよね、色々。

でも、テニスの試合はやっぱり悔しい。

その悔しいと感じる心、こそアナタを強くしてくれる「執着心」の種。

ちょっとずつ、育てていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?

    テニスの試合のほとんどは、セルフジャッジ。この中で、アナタ自身…

  2. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

  3. テニス

    メンタル

    実行するのに勇気が求められる作戦は、成功すれば相手に「大打撃」を与えることが出来る

    皆さんは、相手にやられて嫌なこと、どんなことですか?私は、リス…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

  5. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる

    テニスに限らず、仕事でも勉強でもそう。自分が苦しむ、その苦し…

  6. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
  3. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
  4. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
PAGE TOP