テニス 指導

メンタル

なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

2年前、ある高校生の試合を観ていました。

それは団体戦で、とある全国大会の1回戦。

ダブルスの試合、相手のマッチポイントでボレーが決まって、ゲームセット・・・と思ったら。

その失点で負けたはずの相手の選手が、こう言いました。

「今、プレー中に相手が声を出しました」と。

その試合、チェアアンパイアは付いてましたが、現地の高校生。

何が何だか分からないままに・・・そのマッチポイントはやり直しになった試合、を今でも覚えています。

 

なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です

 


 

1.マッチポイントをやり直しになり、そのまま大逆転勝利に

もう、みなさんのご想像の通りです。

マッチポイントをやり直しになった時点で、もう戦意喪失。

団体戦のダブルス、一度勝ったと思ったらもう、その雰囲気って変わらないですよね・・・。

私はこの試合、本当の意味での「執着心」を見た気がします。

声を出す、のは確かに厳密に言えば、反則。

でもマッチポイントでそれを取っておいたかのように、出す。

必死で試合に勝とう、と考えた結果、だったんだと思います。

 

2.最後まであがく、というのはテニス選手として必要なこと

負けてる試合って、早く終わりたい。

だからこそ、負けている試合はサクサク進んで、思考が止まる。

でも・・・最後まであがける選手、というのは強い。

もちろん、先ほど書いたようなことが褒められた行為とは思いません。

ハッキリ言って、反則ギリギリ、ですよ。

でも・・・そこまでして勝ちたかった、それに、それ以外の方法で勝つ方法が無かった、とも言えます。

負けた選手も、マッチポイントこそ慎重にいかないといけなかったかも知れない。

確かに、私も観ていてマッチポイント、まだ決まっていないのに「カモーーン」と叫んでいた。

それが落とし穴になった、のは事実なのです。

 

3.アナタ自身の「執着心」はどこにあるだろう?

執着心、皆さんにあるでしょうか?

私は、少しでも時間を使う・・・くらいは絶対にやる。

2-5で負けている、最後のゲームにしないように、何とか長くプレーする。

靴紐を結び直したり、ガットを見たり・・・少しでも相手をじらす。

執着心、とまでは言えないかもしれませんが、こういう小さい工夫でも相手が崩れてくれることもある。

執着心、持っているのか?

私自身も、課題です。

自分自身、淡泊な試合を繰り返していないかは、今日も問いかけて問いかけて、終わりはありません。

 

皆さん生活していて、執着心なんて必要ない。

仕事や恋愛で、どうしても・・・というとき、もあると思いますが、普通は諦めますよね、色々。

でも、テニスの試合はやっぱり悔しい。

その悔しいと感じる心、こそアナタを強くしてくれる「執着心」の種。

ちょっとずつ、育てていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

    すごーい強い相手と1ヶ月後に対戦する・・・って決まっていたら、どういう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

    自分の攻撃、作戦が相手に効かない。そんなとき・・・アナタはどう…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です

    試合が苦手、嫌いな人って、どんな人でしょう。まず浮かぶのは、ス…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から入る

    何でもかんでも、否定から入る人。皆さんの周りにも・・・いるんじ…

  5. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」…

  6. メンタル

    強くなる勇気

    今まで、どういう人が自分の周りで強くなってきたのか。私自身、…

特集記事

  1. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  2. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  4. 戦術

    センスとは、即ち合理性
  5. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?
PAGE TOP