テニス メンタル

日々の雑記

最近の若者は…

先月も、色々な出会いがありました。

特に印象的だったのは、今年卒業する大学4年生の方数名にお会いしたんですが、そこで多くの刺激をもらいました。

大学卒業、と言えば人生の転換期。

私はそこで一度テニスコーチを目指しましたが、最近お会いする大学4年生の方は「フリーランス」とう選択が当たり前のように出来ている。

テニスを通じて、コーチ以外にもたくさんの活動を視野に入れていて、本当に凄いなと。

自分の頃とは比べ物にならないくらい、しっかりしているし、情報発信出来る力もある。

テニス界の未来、そう暗いことばかりでもありません。

私自身、もっと頑張らないと、と。

それと同時に、出来る限り彼らのサポートもしたい、と考えています。



という訳で、今回は2名ご紹介させて下さい。

運動オンチ主将 しゅん

元体育会テニス部主将で、現在はSNSの分野でも活躍の幅を広げている現役の学生さんです。

特にシングルスの試合での考察、戦略の考え方は、すごく勉強になります。

行動力にも長けていて、大学卒業後の活躍が楽しみですね。

私自身も、これから彼と一緒に何かコンテンツを作っていく予定です。

お楽しみに!

→Twitterアカウントはコチラから


テニスコーチ RYOYA

彼もまた若く、非常に発信力のある現役学生&テニスコーチです。

最近お会いしましたが、以前からT-PRESSを読んで頂いていたそうで、すごく嬉しかったです。

私自身、ブログを読ませて頂きましたが、メンタル面での発見がたくさんありました。

20代前半でこれだけ書けて、発信出来るって凄いですよ。

ぜひ、みなさんもご一読下さい!

ブログはコチラから


テニス界だって、しっかり芽は育ってきています。

私は、これからの時代は彼らのようなフリーランスのクリエイターが、テニス界を盛り上げてくれると確信しています。

同時に、コーチやトレーナーというだけの肩書きの方は…辛い時代になるかも知れません。

自分でどう、自分に価値を加えていくのか。

発信していく力は、発信を続けていかないと絶対に養えません。

テニス関係者のみなさん、もし変わるなら今ですよ。

これからも、「この人、面白い!」というテニス人はT-PRESS上でもどんどん紹介していきます。

ぜひ、読者のみなさんもたくさんの情報、テニスコンテンツに触れてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

  2. 日々の雑記

    T-PRESSのYouTubeチャンネルが目指すもの

    みなさんのお陰で、T-PRESSのYouTubeチャンネルの登録者数…

  3. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるように

    いつも、サイトをご覧頂きありがとう御座います。コメントやTwi…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る

    みなさんは、自分の中で大切にしている「言葉」ありますか?最近、…

  5. テニス メモ

    日々の雑記

    「本音でメルマガ」を始めます

    いつもT-PRESSにアクセス頂き、ありがとう御座います。今…

  6. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う
  2. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  3. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  4. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い
PAGE TOP