テニス 準備

その他

「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

読者の皆さんの中には、部活の中で球出しをしたり、テニススクールでアルバイトをしている中で球出しをしたり、ということが多いと思います。

手で出すのは簡単だけど、ラケットで打って出すのは苦手・・・という方、いませんか?

または苦手意識はなくても、もっと打ちやすいような球出しが出来るようになりたい、と思っている方。

球出しが上手くなれば、間違いなくテニスの試合も強くなる。

今回はちょっとしたコツを、お伝えしたいと思います。

 

「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

 


 

1.トスを高くして、ラケットのテイクバックの軌道を見せてあげる

ラケットで打ってボールを相手に送るときに、ボールの出るところ、そして出るタイミングが分からないと打つ方は難しい。

ラケットを少し大きく動かすようにして、しっかりバックスウィングを相手に見せてあげましょう。

トスも少し高めに上げて、ボールが手から離れてラケットに当たるまでを1.0秒くらい、しっかり稼いであげる。

ゆったり、一定のリズムで、を意識すること。

こうすればボールを送られてくる方も、自分でタイミングを取ることが出来ます。

 

2.球出しをする人は、自分の手元を見ないようにする

難しいようですが、慣れると大丈夫。

ボールをラケットで打つ、ときになるべく手元を見ないでボールを出してあげましょう。

そうすると、相手がしっかり準備出来ているか、どのあたりにボールを送れば打ちやすいかが見えてきます。

手元ばかり見ていると、実際にどんな打ち方をしているのか、戻れているのか・・・が把握し辛い。

テニススクールで優秀なコーチの球出し、観てみて下さい。

きっと手元も見ずに、カゴからボールを取って一定のリズムで出し続けているはず。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

3.スライス回転の球出しは、打ち辛い!

球出しをされて打ち辛いのは、スライス回転がかかってバウンドしたときに止まるようなボール。

無意識にラケットで球出しをすると、実はこういったスライス回転がかかりやすいのです。

ボールを山なりに出そうと思って、つい下側を打ってしまう傾向にありますが、なるべくフラットに近い、順回転のスピンのようなイメージで、ストロークの球出しが出来ると良いでしょう。

難しい技術ですが、これが球出しで出来れば自分のストロークにも活きる。

ぜひ、無駄な練習と思わずに「球出し」も練習してみて下さい。

 

ラケットを使ってボールを送る。

実はこういう作業、試合の中でも多いですよね。

こんなところに、パワーを使っているような余力はありません。

無意識に、自分の意図通りにしっかりボールをラケットで運べる。

球出しの基本は、テニスの基本です。

「自分はテニスを教える機会も無いし、部活にも入って無いし・・・」という人、ちょっと残念ですね。

大事な上達の機会、逃してますので。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

    よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

    テニススクールでテニスを習い始めても、ある程度ラリーができるようになれ…

  4. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

    試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。この問題につい…

  5. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化していませんか?

    テニスのグリップは人それぞれ。薄い、厚いという言葉で表現されま…

  6. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です

    テニスにおいて、ライバルは倒すべき相手。ですが、その偏った発想…

特集記事

  1. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
  4. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?
  5. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術
PAGE TOP