テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

対戦相手の、心を折ること。

これは、試合の中で絶対に意識したい。

強い相手ほど、そう簡単には折れてくれないんですけどね。

でも、普通の相手ならきっとこういう作戦を出していくことで、試合に参加するのを億劫に感じてくれるはず。

ポイントは、あえて「繰り返すこと」です。

 

ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

 

1.「自分は、狙われている!」と思わせるのが狙い

例えば自分がダブルスの前衛にいて、何回も狙われる・・・と、おかしいと思いますよね。

本来、前衛は避けたいのが相手の心理なはず。

「舐められてる!」と思うと同時に、「狙われてる!」と思うのが自然でしょう。

こういう心理に、相手を陥れる。

繰り返し、ストロークから相手の前衛を狙ってみること、がダブルスの試合では大事です。

もちろん、結果的に決められる、対応されることはあるでしょう。

でも、それは仕方ないこと。

先手を取って攻撃していく姿勢、は相手にとって見せ付ける価値がある。

私はそう思いますよ。

 

2.ストレートアタック、2連続!でいこう!

リターンから、私はよくこれをやります。

まず1球、ストレートアタック。

そこで返球されても、もう1回続けてアタック!していきます。

普通は、考えられないですよね。

前衛に捕まったら、一度後衛に逃げるのがセオリー。

だからこそ、価値があるんです、この2連続のストレートアタックには。

普通でないこと、をやられるというのは非常に心が折れる。

「ボレーが苦手だと思われているのかな・・・」と、考え出してくれる。

相手ペアの仲も、微妙になっていくかも知れませんね。

こういう仕掛けは、どんどん自分たちから繰り出していかないと。

ダブルスの試合、結構前衛でのプレーを苦手にしている選手は多いですからね、チャンスです。

 

3.上手い選手への対抗策にも、実は効果的!

これは、実際にやってみると分かります。

上手い相手でも、一度前衛でボレーを返球すると・・・次こそ!とポーチに出たくなるんですよ。

だから、良いパッシングショットになる。

こちらとしては2回ストレートアタックを繰り返しているだけなのに、勝手に相手が動いて2回目のショットはパッシングショットになる。

騙されたと思って、やってみて下さい。

相手前衛からすると、「次は、つなぎでクロスだろ!」と思いながら、動いてくれる。

そこでアナタは冷静に、2回目もストレートで前衛の側に打っていく。

やることは、これだけですからね。

 

4.ショットのスピードは、必要無い!

ショットのスピード、本当に要りません。

だって、2回打つ前提の作戦ですからね。

まずは1球目を相手に触らせて、その返球をもう1度触らせる。

ここをゴールに設定しましょう。

もちろんポイントが取れれば良いですが、大事なのは相手に印象を残すこと。

前衛として、試合に参加出来なくなるくらい心を折ること。

これが大事です。

 

5.前衛のプレーでミスすると、ほとんどの人は試合に参加しなくなる

これは絶対、なんですよね。

特に、初中級プレイヤーのみなさん、はそうです。

自分が前衛でミスしてしまうと、「もう、俺は触らない方が良いな・・・」と思って、逃げてしまう。

ずっと端っこに寄ってストレートケア、ばかりになってしまう。

相手にとってはすごく楽ですよね。

味方の後衛にとっては、大事な攻撃の仲間がいなくなるので悲劇です。

こういう状況に、相手を早い段階で追い込んでみる。

それが、アナタのペアのやるべきことでしょう。

 

前衛のプレーって、思っている程難しくないのに、自信が無い人。

自分で難しくして、1つのミスを引きずっている感じですからね。

こういう相手、すごく試合しやすいです。

だからこそ、アナタはそんな前衛になってはいけない。

あくまで相手を陥れる作戦、としてぜひ使ってみて下さい。

相手前衛を狙って、2連続のストレートアタック。

試合序盤に、実行していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること

    「えっ、これってダメなの?」と聞かれることがよくありますが、基本的にダ…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

  4. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

  5. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  5. テニス 調子

    リターン

    「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝て…
PAGE TOP