テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦を覚えよう!

「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問を頂きました。

特にリターン側でどう攻撃していけば良いか、イメージが付かない学生の方は多いようです。

そこで今回は、あくまでシンプルに、だけど効果的な作戦を改めてご紹介。

何度かサイトで紹介させて頂いてます、「ストレートアタック」から2対1の展開を作るパターンで、一度練習してみませんか?

 

ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦を覚えよう!

 


 

■リターンからのストレートアタックは、必ず前衛と意識とタイミングを共有

ストレートアタック、リターンからしかけていくときには、しっかり事前に共有しておきましょう。

「セカンドサーブになったら、いくね!」というのでも大丈夫。

タイミングを揃えたら、次はコース。

とにかくボディ狙い、またはバック側を狙うのか、少しロブ気味に触らせるのか・・・も、伝えておきましょう。

自信が無いなら、まずはボレーをさせる!だけでもOKです。

 

■リターン側の前衛は、相手の前衛の方向へ詰めていく

ポイントは、ここです。

味方の前衛が、ボールと同じくらいの速さで詰めていく。

このプレッシャーが、相手の前衛にとっては脅威になります。

ボレーしようと思ったけど、視界に相手の前衛が入ってきて集中出来ないはず。

ネットプレー、ダブルスに慣れていない選手はこれだけでかなり効果的でしょう。

 

■2対1のシチュエーションは、ダブルスでいつでも作れる

意図的に2対1のシチュエーションを作ることは、必ずできます。

その為には、「どっちの選手を、どのタイミングで攻撃していくか?」を意識で統一したい。

このトレーニング、ぜひダブルスペアで行ってみて下さい。

難しく考えずに、サーブとリターンからまずはどう展開していくか。

意図がはっきりしたダブルスは、やっぱり強いです。

 

何事も、まずは会話から、です。

ダブルスのペアに対して、自分から考えを伝えることから全てが始まります。

「待ち」な状態で受け身な姿勢では、いつまで経ってもテニスは上手くなりません。

この記事を読んで少しでも「やってみようかな・・・」と思ったら、ペアに話してみましょう。

「こんなの見つけたんだけど・・・」というだけでも、新しい第一歩だと思います。

一つの作戦でも実行出来るようになると、ダブルス、楽しいですよ!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  2. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

    前衛のポジション、ダブルスではもっと前で良い。きっと、アナタ自…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

    ダブルスの試合をする時、明らかにレベル差がある場合って弱い方を狙うのは…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一…
  2. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  4. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
PAGE TOP