テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよう!

ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどうか?

これがダブルスでの試合の行方を左右すると言っても、過言ではないでしょう。

レベルが高い相手は、必ず前衛相手にも突き球を使って揺さぶってくる。

ネットに近い位置、相手に近い位置での速いボールの処理は、ブロックが基本です。

 

ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよう!

 

■前衛のポジションで必ず必要な、ブロックボレーの技術

前衛のポジションでは、チャンスを決めるボレーだけではない。

相手がボディを突いて来たり、速いボールに対する対応も求められる、なお且つチャンスも決めに動かないといけない、非常に難しい仕事が求められる。

ブロックボレー、と聞いてアナタはイメージ出来ますか?

しっかり相手の速いボールを、ラケット面だけ合わせて返球する、しかもその返球ボールは少しゆっくり目に。

コツはラケット面と打点の位置、です。

 

■打点はあくまで前、そして少しラケット面を上に向ける

ブロックする、と言っても打点が後ろでは難しいし肘を痛める。

しっかり打点を前、ラケットを前に出してボールを後ろから見れるくらいの打点はキープ。

ただしテイクバックもフォロースルーも無し、でOK。

まずは当てるだけ、そのときに少しだけラケット面を上に向けてみましょう。

軌道を山なりにすることで、相手の攻撃してきた速いボールの、速度を緩めることが出来るはずです。

速いボールに速いボールで対抗しようとするのは、一番まずいパターンです。

 

■人は慌てると、どうしてもラケットを振り回したくなる

不思議なもので、人は慌ててしまうとラケットを必要以上に振り回してしまう傾向にあるようです。

防御反応なのか、弾丸が飛んでくるわけでも無いのに、必要以上にボールを怖がってしまう。

ブロックの技術は、ラケットを振ったり腰が引けてしまうと上手くいかない。

あくまで相手の攻撃を一旦しのぐ、ための技術だということを念頭に置いておきましょう。

 

ブロックボレーが出来ると、あらゆる攻撃に対抗できます。

前衛だけでなく、後衛にいてもスライスでスマッシュを返球したり、バリエーションが増えて来る。

相手も攻撃が手詰まりになって、より無理してミスを重ねてくれるでしょう。

まずはしっかり、ダブルスの試合で前衛で相手のストレートアタックに備えること。

これが一番ですね。

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」ことで生じるメリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

  3. ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」テニスは思い切ったネットへのダッシュが求められるスポーツです

    ボレーは、攻撃としてかなり有効に使える。ストロークよりもポイントを…

  4. ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

    ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。ネットに引っ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  2. ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  3. メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイン…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう
PAGE TOP