テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよう!

ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどうか?

これがダブルスでの試合の行方を左右すると言っても、過言ではないでしょう。

レベルが高い相手は、必ず前衛相手にも突き球を使って揺さぶってくる。

ネットに近い位置、相手に近い位置での速いボールの処理は、ブロックが基本です。

 

ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよう!

 

■前衛のポジションで必ず必要な、ブロックボレーの技術

前衛のポジションでは、チャンスを決めるボレーだけではない。

相手がボディを突いて来たり、速いボールに対する対応も求められる、なお且つチャンスも決めに動かないといけない、非常に難しい仕事が求められる。

ブロックボレー、と聞いてアナタはイメージ出来ますか?

しっかり相手の速いボールを、ラケット面だけ合わせて返球する、しかもその返球ボールは少しゆっくり目に。

コツはラケット面と打点の位置、です。

 

■打点はあくまで前、そして少しラケット面を上に向ける

ブロックする、と言っても打点が後ろでは難しいし肘を痛める。

しっかり打点を前、ラケットを前に出してボールを後ろから見れるくらいの打点はキープ。

ただしテイクバックもフォロースルーも無し、でOK。

まずは当てるだけ、そのときに少しだけラケット面を上に向けてみましょう。

軌道を山なりにすることで、相手の攻撃してきた速いボールの、速度を緩めることが出来るはずです。

速いボールに速いボールで対抗しようとするのは、一番まずいパターンです。

 

■人は慌てると、どうしてもラケットを振り回したくなる

不思議なもので、人は慌ててしまうとラケットを必要以上に振り回してしまう傾向にあるようです。

防御反応なのか、弾丸が飛んでくるわけでも無いのに、必要以上にボールを怖がってしまう。

ブロックの技術は、ラケットを振ったり腰が引けてしまうと上手くいかない。

あくまで相手の攻撃を一旦しのぐ、ための技術だということを念頭に置いておきましょう。

 

ブロックボレーが出来ると、あらゆる攻撃に対抗できます。

前衛だけでなく、後衛にいてもスライスでスマッシュを返球したり、バリエーションが増えて来る。

相手も攻撃が手詰まりになって、より無理してミスを重ねてくれるでしょう。

まずはしっかり、ダブルスの試合で前衛で相手のストレートアタックに備えること。

これが一番ですね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

    身体の正面のボレーは、テニスの技術の中でも難しいモノ。なぜ難し…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するための意識4つ

    ネットより低い位置のボレー、テニスでは難しい技術の一つ。特に激…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

    粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。テニスの試合では、いつも…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  4. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊…
PAGE TOP