テニス 試合

戦術

「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

何となく、試合で強い人、練習よりも試合で強さを発揮する人、皆さんの周りでもいますよね。

実際に、テニスの試合では色々な選手、ダブルスペアがいると思いますが・・・私はまず、この2種類、どちらの人かで試合の進め方を考える。

相手は、どんな人だろう。

そう、究極の分け方をすると、試合ではこの2種類の人しかいないと思うんです。

 

「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない

 


 

1.テニスの試合会場、「勝負に徹する人」ばかりではない

意外と、淡泊な人は多い。

試合に勝つことよりも、自分がやりたいテニスを楽しくやる。

そりゃ試合には勝ちたいけど、そこまで勝負に執着する感じでも無い・・・ような相手、実はたくさんいますよね。

こういう相手には、まずしっかりアナタ自身「勝つのは自分だよ」という意志を示さないといけない。

相手はミスかエース、でも長いラリーは自分がしっかり抑えていく。

全体の流れの中で、試合をコントロールしていく覚悟を持ちましょう。

そこには、技術は関係無い。

相手の弱点を把握して、自分の武器を奇襲で活かす。

この全体の意識、まずはアナタ自身が持てているかどうか?

曖昧だと、大して試合に勝つ意欲も無い選手にコロッと負けたりしてしまう・・・のが、テニスの試合です。

 

2.問題は、勝負に徹してくる相手に、どう勝つか?

ここが、テニスの試合の乗り越えるべき壁。

一番苦しい、でもこれこそが本当に楽しいのがテニスの試合、なんです。

勝負に徹してくる相手は、手強い。

ミスが少ないし、しっかり弱点を攻撃してくる、勝つためには何でもする覚悟のある相手ですからね。

そういう相手だ、と見極めたら、アナタ自身やるべきことはシンプルです。

しっかりと、作戦立てて相手にプレッシャーをかけていく、狙いを絞って、しっかり先手を取っていくことが大事です。

長いラリーを覚悟して、長期戦を挑む。

この選手を見抜ける眼、を持つことが出来るかどうか、がまず大事でしょう。

 

3.2つの種類の対戦相手、やることは同じ・・・で良いの?

私は、少し変えています。

まず前者、勝負に徹していない選手に対しては、早めに試合を諦めてもらう。

ミスを誘って、試合自体を投げてもらうようにスライス、低い打点、ファーストサーブを入れていく確実な戦術が基本になります。

でも、勝負強い選手はこれだけだと勝てない。

だからこそ、先手を取る覚悟、が大事なんです。

勝負強い相手には、心理戦で勝負を挑んでいかないと。

逃げずに挑む、この精神が大事です。

 

要は、勝負強い相手にはじっくり戦いましょう、ということ。

勝負に徹していない、執着していない相手に対しては、じっくり戦いつつ・・・ミスを誘う意識で戦うこと。

アナタのテニスで、相手のミスを誘うようなショット、そして心理戦を仕掛けられるようなショットはありますか?

この機会に、ぜひ考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    試合はプレゼン、出来ることは全部やろう!

    最近思うのが、テニスの試合ってプレゼンに近い。何かを相手に訴…

  2. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

  3. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

    ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。それは、どう…

  4. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

  5. 戦術

    テニスの試合を観戦して、強くなる人の特徴5つ

    テニスの試合を生で観戦すること。私は、これは自分を選手として成…

  6. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう

    強い相手にリードを奪った時に、持っておきたい心理。それは、必ず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  2. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  3. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  4. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年
  5. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型
PAGE TOP