テニス 構え

メンタル

「本当にメンタルが強いテニス選手はフィジカルも強い」から、試合で相手を凌駕出来る

今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。

メンタルが強い、弱い・・・という言葉。

よくよく冷静に考えれば、こういうこと、だと思いませんか?

 

「本当にメンタルが強いテニス選手はフィジカルも強い」から、試合で相手を凌駕出来る

 

■メンタルが強い選手は、結局体力勝負に強い選手

私も学生時代は体育会でした・・・そして、こういう選手に何度も負けて来ました。

「アイツ、メンタル強いからなー」という選手と対戦するときには、まずそれだけで構えてしまう。

大事なポイントで凄い集中力を高めてくる?

そんな選手は一握りで、結局、メンタルが強いとされる選手は「体力がある、体力勝負に強い」選手。

アナタも対戦した相手を冷静に思い出すと、そうじゃないですか?

まず、このことに気付いて冷静になりましょう。

 

■メンタルが強いけど体力が無い選手なんて、全然怖くない

まぁ、そうですよね。

体力が無い選手は、怖くない、当たり前です。

どんなに勝負強い選手でも、長丁場の試合に持ち込んでボロが出る選手、メンタルが強い選手とは言えない。

凄い集中力、爆発力をもった選手でも、試合が進むと乱れる選手、多いですからね。

体力が切れて、集中力が切れる選手・・・に、アナタ自身なってはいないですか?

 

■「スタミナと体力」がアナタにもたらしてくれるもの

結論、メンタル強化の為には体力強化、です。

それはなぜ、必要か。

テニスでは疲労が「思考力」を奪っていくからです。

大事なポイントで正しい判断が出来る、為には体力が必要。

体力があれば思考力、判断力を高いレベルで保つことが出来るからです。

大事な場面でセカンドサーブが入る、リターンが入る、というのはこういう「頭の元気さ」が残っているかどうかが重要なポイント。

メンタルが強いって、結局は最後まで頭がイキイキして、正しい思考と判断が出来る人、のことなんです。

 

テニスにおける体力は、ただランニングすれば身に付く?

そんなことはありません。

今、アナタが行っている練習、頭をフル回転させて行うこと。

これがまず、一番のトレーニングになるのです。

その後に、ベースとなるランニングや筋力トレーニングが求められる。

毎日の練習こそ、アナタが一番注力すべきトレーニングなのです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  2. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  3. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう

    今回は、具体的なテニスの技術や練習メニューとは異なり、一つの考え方を。…

  4. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう

    テニスの試合の中で、いつも決断が求められる。実力が伴っていない…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

    これは最近私も経験しましたので、改めて。テニスの試合では、残念…

  6. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しもが、…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  4. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
PAGE TOP