ボレー

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。

自分がナイスなボレーで決めないといけない?

というよりも、こういう視点で相手の立場になって考えてみませんか?

そうすれば、きっと楽になれますよ。

相手の辛さ、が分かるはずですから。

 

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

 


 

1.「普通に打ったらダメだよ」というメッセージを送る

アナタ自身が前に出る、と相手はどうでしょう。

まず、普通のストローク、を打つとアナタが有利になる可能性が高い。

ベースライン同士の打ち合いならナイスなストロークも、アナタ自身が前に出ることで、それは打ちごろのボレーになる。

「普通に打つこと」を相手に禁止する、という感じでしょうか。

つまりは、ロブや沈めるボール、といった選択、を相手に迫るんです。

「さぁ、どうするの?」という感じで。

これがネットプレーの基本スタンス、だと私は思いますよ。

 

2.厳しい選択を迫る、と相手は逃げたくなる

結構、厳しい選択ですよね、これ。

ロブや沈める、またはパッシングショットで抜く・・・のは、楽じゃない。

時間も無い中で、決めていかないといけないですから。

試合慣れしていない相手なら、逃げたくなりますよ。

結局一番自分が打ちやすい、ロブっぽいショット、になってしまう相手が多いでしょう。

何となく、時間も作れそうですしね。

選択を迫って、相手の雰囲気を見る。

そこでロブだと分かれば、それなりのポジションも取れますので、楽にスマッシュが打てるはずです。

 

3.選択を迫るなら、「いきなり」がベスト

みなさんも、これをやられるとたまったもんじゃないですよね。

選択肢を迫られる、それもいきなり。

相手がいきなり前に来る、びっくりしてしまうと、もう精度の高い答えなんて出せないですよ。

だからこそ、アナタ自身のネットダッシュは、相手の意表を突きたいんです。

「え?ここで前に出るの!?」という感じ、にしたい。

そうすれば、きっと楽にポイントが取れる、相手は自滅してくれるでしょう。

 

4.相手の選択肢を、絞れるのが良い選手

ステップアップして考えると、選択肢を狭めることも大事ですね。

実際、相手に選択を迫りながら、例えばロブを消す。

ロブを潰す、少し下がり目のポジションを確保しておけば、よりポイントが取れる可能性は高い。

相手に「どうするの?」と聞いて、一番来そうな答えに先回りしておく。

テニスでのネットプレーって、要はこういうことです。

 

言葉にしたら簡単・・・ですか?

いえ、実際に試合でも簡単、だと思いますよ。

相手に選択を迫る、日本人って優柔不断な人が多いですから。

ネットプレーでミスを誘える人は、いつもこういう視点でプレーしているはず。

ぜひ、試合で意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  3. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

  5. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  6. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
  2. 戦術

    4ゲーム終わった段階で、知ることは出来ているか?
  3. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
  4. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  5. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
PAGE TOP