ボレー

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。

自分がナイスなボレーで決めないといけない?

というよりも、こういう視点で相手の立場になって考えてみませんか?

そうすれば、きっと楽になれますよ。

相手の辛さ、が分かるはずですから。

 

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

 


 

1.「普通に打ったらダメだよ」というメッセージを送る

アナタ自身が前に出る、と相手はどうでしょう。

まず、普通のストローク、を打つとアナタが有利になる可能性が高い。

ベースライン同士の打ち合いならナイスなストロークも、アナタ自身が前に出ることで、それは打ちごろのボレーになる。

「普通に打つこと」を相手に禁止する、という感じでしょうか。

つまりは、ロブや沈めるボール、といった選択、を相手に迫るんです。

「さぁ、どうするの?」という感じで。

これがネットプレーの基本スタンス、だと私は思いますよ。

 

2.厳しい選択を迫る、と相手は逃げたくなる

結構、厳しい選択ですよね、これ。

ロブや沈める、またはパッシングショットで抜く・・・のは、楽じゃない。

時間も無い中で、決めていかないといけないですから。

試合慣れしていない相手なら、逃げたくなりますよ。

結局一番自分が打ちやすい、ロブっぽいショット、になってしまう相手が多いでしょう。

何となく、時間も作れそうですしね。

選択を迫って、相手の雰囲気を見る。

そこでロブだと分かれば、それなりのポジションも取れますので、楽にスマッシュが打てるはずです。

 

3.選択を迫るなら、「いきなり」がベスト

みなさんも、これをやられるとたまったもんじゃないですよね。

選択肢を迫られる、それもいきなり。

相手がいきなり前に来る、びっくりしてしまうと、もう精度の高い答えなんて出せないですよ。

だからこそ、アナタ自身のネットダッシュは、相手の意表を突きたいんです。

「え?ここで前に出るの!?」という感じ、にしたい。

そうすれば、きっと楽にポイントが取れる、相手は自滅してくれるでしょう。

 

4.相手の選択肢を、絞れるのが良い選手

ステップアップして考えると、選択肢を狭めることも大事ですね。

実際、相手に選択を迫りながら、例えばロブを消す。

ロブを潰す、少し下がり目のポジションを確保しておけば、よりポイントが取れる可能性は高い。

相手に「どうするの?」と聞いて、一番来そうな答えに先回りしておく。

テニスでのネットプレーって、要はこういうことです。

 

言葉にしたら簡単・・・ですか?

いえ、実際に試合でも簡単、だと思いますよ。

相手に選択を迫る、日本人って優柔不断な人が多いですから。

ネットプレーでミスを誘える人は、いつもこういう視点でプレーしているはず。

ぜひ、試合で意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでもネットに近い位置で打つボー…

  4. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
  2. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定し…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ
PAGE TOP