ボレー

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。

自分がナイスなボレーで決めないといけない?

というよりも、こういう視点で相手の立場になって考えてみませんか?

そうすれば、きっと楽になれますよ。

相手の辛さ、が分かるはずですから。

 

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

 


 

1.「普通に打ったらダメだよ」というメッセージを送る

アナタ自身が前に出る、と相手はどうでしょう。

まず、普通のストローク、を打つとアナタが有利になる可能性が高い。

ベースライン同士の打ち合いならナイスなストロークも、アナタ自身が前に出ることで、それは打ちごろのボレーになる。

「普通に打つこと」を相手に禁止する、という感じでしょうか。

つまりは、ロブや沈めるボール、といった選択、を相手に迫るんです。

「さぁ、どうするの?」という感じで。

これがネットプレーの基本スタンス、だと私は思いますよ。

 

2.厳しい選択を迫る、と相手は逃げたくなる

結構、厳しい選択ですよね、これ。

ロブや沈める、またはパッシングショットで抜く・・・のは、楽じゃない。

時間も無い中で、決めていかないといけないですから。

試合慣れしていない相手なら、逃げたくなりますよ。

結局一番自分が打ちやすい、ロブっぽいショット、になってしまう相手が多いでしょう。

何となく、時間も作れそうですしね。

選択を迫って、相手の雰囲気を見る。

そこでロブだと分かれば、それなりのポジションも取れますので、楽にスマッシュが打てるはずです。

 

3.選択を迫るなら、「いきなり」がベスト

みなさんも、これをやられるとたまったもんじゃないですよね。

選択肢を迫られる、それもいきなり。

相手がいきなり前に来る、びっくりしてしまうと、もう精度の高い答えなんて出せないですよ。

だからこそ、アナタ自身のネットダッシュは、相手の意表を突きたいんです。

「え?ここで前に出るの!?」という感じ、にしたい。

そうすれば、きっと楽にポイントが取れる、相手は自滅してくれるでしょう。

 

4.相手の選択肢を、絞れるのが良い選手

ステップアップして考えると、選択肢を狭めることも大事ですね。

実際、相手に選択を迫りながら、例えばロブを消す。

ロブを潰す、少し下がり目のポジションを確保しておけば、よりポイントが取れる可能性は高い。

相手に「どうするの?」と聞いて、一番来そうな答えに先回りしておく。

テニスでのネットプレーって、要はこういうことです。

 

言葉にしたら簡単・・・ですか?

いえ、実際に試合でも簡単、だと思いますよ。

相手に選択を迫る、日本人って優柔不断な人が多いですから。

ネットプレーでミスを誘える人は、いつもこういう視点でプレーしているはず。

ぜひ、試合で意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

    フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。これは、みなさんの…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  2. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本
  3. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です
  4. テニス 技術

    戦術

    スポーツチームの監督が若手選手を起用するように、アナタ自身も「若手技術」を試合で…
  5. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶…
PAGE TOP