ボレー

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。

自分がナイスなボレーで決めないといけない?

というよりも、こういう視点で相手の立場になって考えてみませんか?

そうすれば、きっと楽になれますよ。

相手の辛さ、が分かるはずですから。

 

ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

 

1.「普通に打ったらダメだよ」というメッセージを送る

アナタ自身が前に出る、と相手はどうでしょう。

まず、普通のストローク、を打つとアナタが有利になる可能性が高い。

ベースライン同士の打ち合いならナイスなストロークも、アナタ自身が前に出ることで、それは打ちごろのボレーになる。

「普通に打つこと」を相手に禁止する、という感じでしょうか。

つまりは、ロブや沈めるボール、といった選択、を相手に迫るんです。

「さぁ、どうするの?」という感じで。

これがネットプレーの基本スタンス、だと私は思いますよ。

 

2.厳しい選択を迫る、と相手は逃げたくなる

結構、厳しい選択ですよね、これ。

ロブや沈める、またはパッシングショットで抜く・・・のは、楽じゃない。

時間も無い中で、決めていかないといけないですから。

試合慣れしていない相手なら、逃げたくなりますよ。

結局一番自分が打ちやすい、ロブっぽいショット、になってしまう相手が多いでしょう。

何となく、時間も作れそうですしね。

選択を迫って、相手の雰囲気を見る。

そこでロブだと分かれば、それなりのポジションも取れますので、楽にスマッシュが打てるはずです。

 

3.選択を迫るなら、「いきなり」がベスト

みなさんも、これをやられるとたまったもんじゃないですよね。

選択肢を迫られる、それもいきなり。

相手がいきなり前に来る、びっくりしてしまうと、もう精度の高い答えなんて出せないですよ。

だからこそ、アナタ自身のネットダッシュは、相手の意表を突きたいんです。

「え?ここで前に出るの!?」という感じ、にしたい。

そうすれば、きっと楽にポイントが取れる、相手は自滅してくれるでしょう。

 

4.相手の選択肢を、絞れるのが良い選手

ステップアップして考えると、選択肢を狭めることも大事ですね。

実際、相手に選択を迫りながら、例えばロブを消す。

ロブを潰す、少し下がり目のポジションを確保しておけば、よりポイントが取れる可能性は高い。

相手に「どうするの?」と聞いて、一番来そうな答えに先回りしておく。

テニスでのネットプレーって、要はこういうことです。

 

言葉にしたら簡単・・・ですか?

いえ、実際に試合でも簡単、だと思いますよ。

相手に選択を迫る、日本人って優柔不断な人が多いですから。

ネットプレーでミスを誘える人は、いつもこういう視点でプレーしているはず。

ぜひ、試合で意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの高等技術「ハーフボレー」は、膝曲げ押し出し打点前、で誰でも身につきます

    テニスの試合の中で、サービスライン付近で打つ機会が多いハーフボレー。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ネットプレー、最大の武器とは?」テニスでは回転量でプレーの手堅さをアピールできる

    ネットプレーヤーの一番の武器は何だろう?キレのあるショット?…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃないですか?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
  2. ストローク

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技
  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  5. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
PAGE TOP