テニス 客観視

ボレー

テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

目次

「腰を落として!」

「膝を曲げて!」

日本のテニススクールのあちこちで飛び交うこのアドバイス。

テニスの基本である「低い姿勢」は、一般のテニスプレーヤーの中では特にネットプレーで大切だと言われています。

もちろんベースラインでのストロークにも必要な基本ですが、ボレーでそこまで低くなる意味があるのか・・・。

今回は、上級者になるには避けて通れないテニスの基本について、ネットプレーの視点から探ってみます。

テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

 


 

1.ストローク全盛期である今、「全てのボール」沈められるという事実

一昔前まで、プロの世界でもネットプレーが隆盛を極めていた頃は、「沈められたら仕方ない」という言葉もありました。

しかし今ではどうでしょう。

オープンスタンスと最新のラケット素材の融合、そしてシューズの進化・フットワークの強化で、ストロークの力は格段に進歩しています。

であれば低い態勢を作って、沈められるボールに備えなければなりません。

低い態勢を取っていれば、ボールの下にラケットを入れることができるので、粘り強い「壁」のようなネットプレーで対抗することができるのです。

2.正確な「ウォッチ!」ができるようになる

ネットプレーの神髄は、「相手に無理をさせてミスを誘う」ことにあります。

そこで求められるのは、相手が力んで無理をして「アウト」を打ってくれる瞬間を見極めること。

それに手を出しているうちは、ストローカーにポイントをあげているようなもの。

低い態勢を作れば自然と高いボールに対しては下から反応できますので、眼で得た情報からの判断が正確になります。

これはぜひ、試して実感してもらいたい部分ですので実践してみて下さい。

3.ネットプレーのボレーで「ボールを上から」抑えられる

このボレーが出来るかどうか・・・が、上級者への道のりと言っても良いでしょう。

上から抑えの利いたスライスのボレーを打つには、低い態勢でボールをふかさないようにコントロールする必要があります。

状態が高いと伸びあがるような動作になってしまって、ボールに抑えが利きません。

またラケットがしっかりボールの下~横に正確に入る為には、低い態勢を取って準備する必要があります。

 

4.低い態勢になると「横向き」が自然と作りやすい

ネットプレーで慌ててしまうと、つい正面を向いて「打つ方向」を向いてしまいがちですよね。

特にこれは態勢が高いと起きてしまうことでもあります。

低い態勢を作れば自然と顔とラケット、ボールの位置が近くなり、横向きの体制を作りやすいのが大きなメリットです。

横向きを作れば相手にコースを隠すことができますし、何より打点を見てラケットで正確に捉えることもできる。

特にサーブからのファーストボレーで意識したいポイントです。

5.相手に「ロブを上げたくなる誘惑」を誘う、そして仕留められる

低い態勢で並んだペアを見て、堅実なプレーで粘られると・・・そう、人はロブを上げたくなってしまいます。

そうなれば、並行陣のペアはしめたもの。

テニスでスマッシュはフィニッシュショットですので、上級者はそこを仕留める練習には余念がありません。

逆に言えば、いくら低い態勢で粘るプレーができても、ロブに対する準備・対策ができていなければ意味が無い・・・のです。

相手に上げられる、のではなく「上げさせる」のがこの低い態勢でボレーをする最大の目的!

クロスステップで大きく下がってジャンプしてスマッシュ、そしてまた低い態勢に・・・。

上級者のダブルスではよくある光景、あなたもイメージして練習しましょう!

 

年齢を重ねるごとに、腰、膝はきつくなり・・・・。

つい、この低い態勢をとるスタンスに足が拡がらない・・・という現実もあります。

分かります。

しかしながら、自宅で1日10分の体幹のトレーニングを行うだけでも、かなり違ってくるはずです。

意識、そして練習と効率的なトレーニング。

苦しいことを乗り越えて、粘り強い低い態勢は作り上げられるのです。

継続は、力なり。

テニスの試合で勝つ為に、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  2. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりまし…

    プロテニス選手のシングルスの試合を観ていて、皆さんは何を感じますか?…

  3. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  4. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  6. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  2. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと
PAGE TOP