テニス ストローク

その他

テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポーツ。

打ち負かしてやろう!という気持ちも大切ですが、あまり気負ってしまってはミスにもつながりやすい。

そこで必要なのは、「ラリーを通じて相手と会話する」という感覚です。

 

テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

 


 

■相手を打ち負かしてやろう!と気負っても勝てない

試合に勝つには、相手を知ることが大切です。

アナタ自身が200km以上のサーブを高確率で入れることができれば負けないでしょうが、そうでなければショットの出し入れや緩急を付けていかないといけません。

相手がどんなショットを得意にしているのか、苦手にしているのかを序盤で知りたい。

その為には、「ここはどうですか?」「浅いボールは?」という問いかけを、相手にしていくイメージが大事になります。

 

■ウォーミングアップの時間から、会話は始まっている!

サービスアップ4本のウォームアップでも、たくさんの情報を仕入れることができます。

サーブはもちろん、ボールを送る際のグリップ、リターンの立ち位置等、注意して見ておけば色々なことが分かります。

何気なく、自分のウォーミングアップだけに集中する時間ではもったいない。

有効活用していきましょう。

 

■会話を引き出すには、アナタが色々な「話術=ショット」を持っていないといけない

相手からの声=ショットの特徴を引き出すには、話術が必要です。

回転量をコントロールして、ボールを相手の色々なところに打てる技術、しっかり身に付いていますか?

普段の練習から、フォアやバックに偏ったテニスをしていては、身に付きません。

意図的にバックハンドも使ったり、相手に使わせたりという工夫を普段の練習から行うようにしましょう。

もちろん、ダラダラとラリーを続けていくだけでは意味がありません。

 

会話ができるようになると、テニスは楽しい。

またその会話の中で、相手を騙すような選手もいるでしょう。

序盤には苦手そうにしていたバックハンド、実は大好きだった・・・みたいな感じ、すごく嫌ですよね。。

でも、その駆け引きもテニスの一部。

アナタ自身、ラリーするときには意識することで試合の勝率が上がるかも知れません。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

  2. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう

    部活の練習、いつもどこかモヤモヤしていたりしませんか?「アイツ…

  3. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  4. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥…
  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
  4. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている
  5. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
PAGE TOP