テニス メンタル

その他

急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

今はまさに季節に変わり目。

少し前まで寒かったと思ったら、20度を超えるような日もあり、体温調節が本当に難しい時期ですよね。

テニスの試合で動いているときは、体感温度としてはもっと高い。

しっかり準備していないと、試合中に体調不良になってしまうようなこともあるでしょう。

それくらい、今の時期はウェアの準備や意識も大事。

学生から年配の方まで、意識を高めていって欲しいと思います。

 

急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

 


 

■脱水症状が増えてくるのは、今が一番多い

熱中症がピークを迎えるのは夏の時期ですが、実は今の時期に多いのは脱水症状。

自分が思っている以上の汗をかいて、水分補給が追い付かない。

寒い時期のテニスの感覚だと、水分補給の回数が少なくても気にしない方が多いので、本当に危険です。

気候の変化に、身体が慣れていくには時間がかかります。

まずは先行して、水分補給を主体的に行っていくことが大事です。

 

■「喉が渇いた」と感じてからでは、遅い!

何度か書いてきましたが、「喉が渇いた」というのはかなり危険な状態。

こまめに水分補給をして、テニスコート上にいる以上は「渇いた」という感覚すら消し去るくらい、意識を高く持たないといけません。

これはぜひ、チームで取り組む課題として受け止めて下さい。

チーム全体で、意識を高く持っておけば後輩にも良い文化として引き継がれていくでしょう。

脱水症状、テニスには付き物な症状です。

慌てず防ぐ準備、普段から行っていきましょう。

 

■「着ているウェア」をコントロール出来れば、試合でも快適に

着ているテニスウェアに、もっと神経質になりましょう。

この時期のテニスウェアは、寒暖差が激しいことを想定して準備したい。

出来ればアンダーアーマー社のようなアンダーウェアを着て、試合ごとに着替えるようにする。

上下のウォームアップウェアも、いらないかもと思っても持っておくと安心です。

そして汗をまめに拭き取れるように、タオルも多めに準備すること。

 

試合に勝てる選手は、試合以外の部分の準備が整っている。

「えっ?そんなものまで準備してるの?」と思うくらい、試合に勝てる人は用心深く、準備に余念が無い。

やっぱり人間ですから、「寒い、暑い」と感じると集中力が削がれますよね。

それを解決できるには、どんなウェアや水分補給の準備が出来るのか・・・。

を、改めて考えてみることをオススメします。

きっと大事な試合で、アナタの助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  2. テニス 序盤

    その他

    テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと

    自分のテニスの方向性について、上達について。みなさんにも、ぜひ…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「ナイターになったら球が急に速くなる?」人の眼の特性を知っておいて損は無いです

    まだまだ日照時間の短いこの時期、試合がナイター照明の元で行われる機会も…

  4. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門…

  5. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  6. テニス 戦術

特集記事

  1. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  2. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策と…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう
  4. テニス ミス

    メンタル

    「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメ…
  5. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話
PAGE TOP