テニス メンタル

その他

急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

今はまさに季節に変わり目。

少し前まで寒かったと思ったら、20度を超えるような日もあり、体温調節が本当に難しい時期ですよね。

テニスの試合で動いているときは、体感温度としてはもっと高い。

しっかり準備していないと、試合中に体調不良になってしまうようなこともあるでしょう。

それくらい、今の時期はウェアの準備や意識も大事。

学生から年配の方まで、意識を高めていって欲しいと思います。

 

急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

 


 

■脱水症状が増えてくるのは、今が一番多い

熱中症がピークを迎えるのは夏の時期ですが、実は今の時期に多いのは脱水症状。

自分が思っている以上の汗をかいて、水分補給が追い付かない。

寒い時期のテニスの感覚だと、水分補給の回数が少なくても気にしない方が多いので、本当に危険です。

気候の変化に、身体が慣れていくには時間がかかります。

まずは先行して、水分補給を主体的に行っていくことが大事です。

 

■「喉が渇いた」と感じてからでは、遅い!

何度か書いてきましたが、「喉が渇いた」というのはかなり危険な状態。

こまめに水分補給をして、テニスコート上にいる以上は「渇いた」という感覚すら消し去るくらい、意識を高く持たないといけません。

これはぜひ、チームで取り組む課題として受け止めて下さい。

チーム全体で、意識を高く持っておけば後輩にも良い文化として引き継がれていくでしょう。

脱水症状、テニスには付き物な症状です。

慌てず防ぐ準備、普段から行っていきましょう。

 

■「着ているウェア」をコントロール出来れば、試合でも快適に

着ているテニスウェアに、もっと神経質になりましょう。

この時期のテニスウェアは、寒暖差が激しいことを想定して準備したい。

出来ればアンダーアーマー社のようなアンダーウェアを着て、試合ごとに着替えるようにする。

上下のウォームアップウェアも、いらないかもと思っても持っておくと安心です。

そして汗をまめに拭き取れるように、タオルも多めに準備すること。

 

試合に勝てる選手は、試合以外の部分の準備が整っている。

「えっ?そんなものまで準備してるの?」と思うくらい、試合に勝てる人は用心深く、準備に余念が無い。

やっぱり人間ですから、「寒い、暑い」と感じると集中力が削がれますよね。

それを解決できるには、どんなウェアや水分補給の準備が出来るのか・・・。

を、改めて考えてみることをオススメします。

きっと大事な試合で、アナタの助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  2. テニス 構え
  3. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?

    昨年より本格的に開始させて頂きました、T-PRESSのYoutube…

  4. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった

    先週末にて、大学テニス界の頂点を決める戦い、「全日本大学対抗テニス王座…

  5. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだ…

  6. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう

    大事な試合、もう終わってしまった方もいるでしょう・・・。県総体…

特集記事

  1. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと
  2. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう
  3. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない
  4. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
PAGE TOP