テニス メンタル

ダブルス

「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い

ダブルスの試合を観ていて、「どっちがペアとして、引っ張っているのか?」を感じて欲しい。

アナタ自身が対戦するときにも、ほとんどのペアはどちらかの選手が主導権を握っている。

ポイント間のちょっとした仕草、でそれは分かります。

そしてみなさんも、ぜひどんどん「ペアを引っ張れる選手」になって欲しいんです。

 

「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い

 


 

1.タッチするのは、ダブルスペアの基本

まぁ、私も正直恥ずかしかったです、昔は。

でも、今になって分かることがたくさんあります。

ダブルスの試合で、ポイント間でタッチする。

これって、大事な行為でありルーティーンなんです。

これが無いペアは、やはり勝ち上がるのは難しい。

実力があれば、関係ない?

いや、そうでも無いと思いますよ。

タッチするだけで、言葉以上のメッセージを交換することも出来る。

それ自体、ダブルスの強さにもなるのですから。

 

2.失点の後に「タッチしにいける」選手、は強い

自分が失点しても、味方のペアがミスしても。

しっかりとタッチにいける選手は、試合でも強いです。

これは、行動それ自体が力強いですからね。

失点した後は、誰だって悔しいし落ち込むし、先のことは不安になる。

でも、仲間がいることを忘れてはいけないんです。

次のポイントに入る前に、軽くタッチする。

それも、自分から相手に向かって近づいて、タッチしにいく。

これが生み出す効果って、ものすごいですよ。

 

3.自分自身を鼓舞する為に、ペアにタッチする

私はいつも、この感覚でペアにタッチにいきます。

「大丈夫!絶対次、何とかするから」というメッセージを、自分に込める為なんですよね。

ペアを慰めるとか、ドンマイとかそういう感じじゃない。

だって、もう失ったポイントは変えられないですしね。

自分に対して、「しっかりしろよ!」という意味合いが強いです。

そして、もう一つ。

これは、相手も意識した演技でもあります。

 

4.「全然、気にしてないから」という意志表示を、相手に

とにかく、失点を気にしていないフリ、が大事。

失点しても、仲間にさっと駆け寄って、タッチして次の打ち合わせを行う。

こういうペアって、試合していて嫌じゃないですか?

失点したんだから、ペアで落ち込んで欲しいのに。

私は演技も兼ねて、あえて自分からどんどんいきます、タッチに。

失点した後も、あたかも得点したかのように・・・ですね。

こういう空気作りで、試合って変わってくるからテニスって面白いんです。

 

自分からいつも通り、手を伸ばしていく。

いつも通り、次のポイントに進む流れを、自分から作っていく。

これが緊張した場面でも出来るペアが、試合には強い。

時には演技として、相手に見られていることを考えながら。

誰にも出来ること、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  5. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  6. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない
  3. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
  5. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
PAGE TOP