シングルス

久々にシングルスを戦って感じたこと

先日、久しぶりにシングルスの試合に出てきました!

と言っても、団体戦を運営しながらその中でシングルスの枠に出場。

正直体力的に心配だったのと、3年ぶりくらい?な気がして不安でしたが、すごく楽しかったです。

改めてそこで感じたことを、書いてみたいと思います!

リターンの戦術に助けられた

ここは、そうだ!

土居コーチと撮影してたシングルスの動画を思い出して、試合に入ることに。

まず最初はリターンゲーム、そこで意識することは決まってましたね。

「相手の足下に返す」ということ。

サーブを打ってきた相手の足下を狙う、ということはつまりダブルスと同じじゃないか!と。

でも当然、シングルスでは基本的にベースラインに相手はステイしますから、深いリターンが必要。

ダブルスだと浮かないように注意が必要ですが、シングルスは浮いても良い!前衛がいないので。

ダブルスに慣れているとつい、リターンの癖もダブルスっぽくなってますから、そこはちょっと苦労しました。

でも、大事なのは発想自体をポジティブにすること。

「シングルスだから、ダブルスよりこう変えないといけない」と思うより、「ダブルスとここは変えないで良いんだ!」と思うように意識してました。

結果的に、これが良い方向になったように思います。

前に入って良い、浮いても良い、慣れるのも早い!

ある意味、勝手に思い込んでいるだけかも知れませんが…ダブルスでのリターンとシングルスのリターンを比較したときに、こう考えることにしました。

・シングルスのリターンの方が楽(パートナーがいないので気楽)

・多少浮いても良い(前衛がいないから)

・浅くなっても良い(相手も浅いボールの処理は苦労する)

・相手のサーブに早く慣れることができる(ダブルスだと半分しかリターンできない)

・そもそも、60点くらいのリターンで良い(土居コーチがそう言ってた)

おぉ!これはシングルスのリターン楽じゃないか!と。

こう思えると、試合では力が抜けるんですよね。

もちろん、相手だって強いのでそう簡単にはやらせてくれませんが…少なくとも、自分でプレッシャーを感じることはなくなるように思います。

シングルスなので、自分で自分と相談するしかないじゃないですか。

こういう感覚も新鮮でしたね。

モヤッとしてた課題がハッキリする

シングルスの試合をやってみて、やっぱり収穫はここですよね。

ダブルスだと何となく責任もモヤッとしますが、シングルスはハッキリします。

自分の健康診断のようなもので、何が足りないのか、何は通用したのか、ハッキリ分かります。

個人的には、シングルスでも前に出るスタイルだったのでそれはすごく通用したんですが、ロブで逃げられた時にスマッシュの決定力がなかったなと。

何となく繋ぐようなスマッシュになって、その後徐々にパッシングで追い込まれる。

スマッシュに必要なポジショニングや、相手の入り方を見て先読みする練習が必要だなと感じました。

ダブルスだと相手の入り方を見れるんですが、それはパートナーが打っている瞬間だったりするんですよね。

自分一人でラリーしながらも、どれだけ相手を観察できるかどうか。

ここはシングルスの試合に出ないと気付けないことだったように思います。

ダブルスでも使える、より自分を鍛えるきっかけになるかなと。

こういう発見こそ、新しい挑戦の醍醐味ですよね。

シングルスの試合は勝っても負けても、自分一人で噛み締めることが出来ます。

私は接戦で負けてしまいましたので、悔しさもダブルスの2倍、いやそれ以上でしょうか…。

やっぱり出ないと分からない、やってみないと気付けないのがテニスですね。

これからも継続してシングルス、頑張ります!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  4. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    武器を使い、弱点を責めるだけ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  3. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
  5. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
PAGE TOP