テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプレッシャーをかけられます

シングルスの試合、ストロークのラリーが深く、高い軌道で延々続く試合。

どこかで打開策を見出したいけど、無理に攻撃していったらミスに繋がるし・・・と悩んでいる方。

ストロークで相手を左右に振っていくことが、テニスにおいての攻撃ではありません。

テニスコートは、縦に長い。

だったらこの縦に長いコートを使って、相手を少しビックリさせるような攻撃に打って出ることも必要でしょう。

シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプレッシャーをかけられます

 


 

■ネットプレーは正攻法でやらなくても良い

浅いボールをアプローチして、ファーストボレーからフィニッシュボレー。

これが一昔前のテニスのシングルスの試合でした。

しかし今はどうでしょう?

ストローク力が向上し、やっと追いついたボールでも進化したラケットとガットは残酷なまでにネットプレイヤーを攻撃してきます。

つまりは、「しっかり待たれて、ストロークを打てる状態」を相手にすると、ネットプレイヤーは辛いのです。

では、どうすれば打開策が見えるのでしょうか?

 

■相手が気付いていない隙に、スススッと前に出てみる

さぁ、ここで必要なのは新しい発想です。

相手がボールを打とうとする瞬間の少し前、もしアナタが相手に気付かれずにネットに近付くことが出来ると、何が起きるでしょうか?

相手はアナタがベースライン上にいると思って、深く高いボールを打って繋いでくる。

それをハイボレードライブボレーでカットして、攻撃していくときっと、相手はビックリして慌ててくれるはず。

ここで大事なのは、「意表を突く」ということ。

つまりはこのショットをいかに相手に気付かれずに、サービスラインくらいのポジションでボレーがしっかり出来るかどうか、ということ。

エースを狙う必要はありません。

あくまで実践して、精神的に相手を揺さぶることが目的です。

 

■プロ選手のシングルスでは、「逆を突いた」ときに実践する作戦

最近のプロ選手の試合は、こういった「相手が打つ少し前」に前に出る傾向が多くあります。

特に「逆を突いて、態勢が崩れている」と感じたときには、積極的に前に出てカットボレーをオープンスペースに展開していく。

難しい技術や考え方は、いりません。

必要なのは少しの勇気と観察眼、そして「意表を突いて攻撃しよう!」という意志です。

 

いつまでもベースラインのような「安全地帯」にいては、テニスは進歩しません。

例えばこの作戦が失敗したとしても、結果相手はどう感じるでしょうか?

「また前に来るかも知れない・・・気を付けないと・・・」と、思うのが普通ですよね。

何も考えない、仕掛けて来ないベースラインプレイヤーは、いつまで経っても試合に勝てません。

ぜひ、アナタ自身で工夫する姿勢を大事にして下さい。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

  3. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  4. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

    シングルスの試合、疲労度が溜まる終盤。これは、本当に精神戦です…

  5. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「ラリーが続かない」「バコバコ打って、勝つ気が無い」という部活に嫌気がさしている…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
  5. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう
PAGE TOP