メンタル

試合でミスを引きずらない、選手になりましょう

ミスを引きずってしまう、自分のメンタルが大嫌いという人。

これって、テニスの試合では多く見受けられますよね。

でも、メンタルの強さって、私はそんなに大差無いと思いますよ。

もっと言えば、メンタルが強い人だって落ち込んでるし、ミスを引きずっている。

でも、それを相手に見せない、ただそれだけの話でしょう。

 

試合でミスを引きずらない、選手になりましょう

 


 

1.ミスをひきずらない、そんな選手いない

本当に取りたいポイント、を落としてしまう。

そりゃ、精神的に影響を受けますよ。

でも、失った失点はもう戻らない。

だからこそ、アナタ自身がすべきことは何でしょうか。

それは、相手に落ち込んだ素振りを見せない、堂々とした姿勢を見せること。

その雰囲気が、相手にもプレッシャーになるはず。

テニスの試合、この準備だけで試合結果は全く違うもの、になるでしょう。

ミスをひきずらない、んじゃなくて、引きずった姿勢を絶対に相手に見せない、ことが大事です。

 

2.ダブルスの試合、ペアにも見せないことが大事

どうしても、まずペアに謝りたくなる。

申し訳ない、という気持ち、は分かります。

これも何度も書いてきましたが、自分のミスで謝ってしまう、「ごめん、ごめんねー!」とペアに声に出して言ってしまうのは、アナタ自身の弱さでしかない。

キツイ言い方をすれば、「謝ってるんだから、良いよね?」ということ、なんですよ。

実際、この癖がついてしまうと、ミスを引きずる人への第一歩。

謝ってばかりの人って、結局ミスを引きずってるんですよね。

ペアのことばかり、気を遣って気持ちが相手に向いていかない。

これでは、試合にならないのがテニスです。

 

3.試合前からの準備、が何より大事

私は、そう思います。

試合前、からどう自分がミスしたときに、振る舞うのか。

ミスは生まれる、のが試合ですから。

堂々と、「これくらい、折り込み済みですから」という姿勢を見せる。

メンタルの強さって、私は試合前に決まっている準備の差、でしかないと思っています。

経験の差、とも言えますが。

つまり、生まれ持った性格とか、そういうのじゃない。

メンタルが強い選手に誰にでもなるチャンスがある、のがテニスです。

 

4.行動がメンタルを変え、結果を変えていく

思い切った決断、をするときだと思います。

アナタ自身、テニスコートでの試合のときの雰囲気、行動、表情、全てを変えていく。

対戦相手に対して、弱みを見せない。

必ず勝つ、失敗を引きずる姿勢を見せない、というのが何より大事。

行動を変えれば、メンタルが変わり、結果が変わる。

いや、怖いと思いますよ。

「何だよ、アイツはミスしても謝りもしないのか」とペアに思われるかも知れません。

だったら試合前に、話しておきましょうよ。

「ミスはする、先に謝っておくから、コートでは見逃してくれ」と。

 

多少は演技、も必要。

メンタルが強い選手、になったつもりで試合に入れば、自然とミスも引きずらなくなるはず。

試合前に、しっかりイメージして入りましょう。

自分は、どういう選手でありたいのか。

堂々として、常に前を向いている選手であるべきじゃないですかね?

■シンプルにコレを机に置いておけば、自然とコートでの立ち振る舞いは変わります

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

  3. メンタル

    心の弱さが、ミスになるのがテニス

    テニスの試合で、ミスが多い。練習だと入るボールが、入らない。…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

    自分の目指すもの、理想は果てしなく高くて良い。きっとそれ以上は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!
  2. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
  3. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
  4. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!
PAGE TOP