テニス 構え

ストローク

相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。

その時に、つい「何となく」ラケット動作を止めて、当てにいくようなストロークになっている人は多いですよね。

特に、女子ダブルスの雁行陣の後衛の方でしょうか。

どこかで、これを変えないと、ずっと苦しいまま。

ただ返すだけ、では勝てない相手が増えていくだけですからね。

 

相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

 


 

1.深いストロークに、焦って準備が遅れてしまう

これが、まず一番まずいこと。

相手のボールが深いと、つい圧迫感を感じて、テイクバックが出来ない。

バウンドに合わせるような準備になって、打てるコースも狭いしそもそも、ラケットを前に振れない。

打点も後ろになって、チョン、と当てるだけのような返球になってしまうこと、多くないですか?

これでは、もう試合で白旗を揚げているようなもの。

この相手の深いボールを、いかにさばくのか、が試合では大事。

ぜひ、意識して改善して欲しいんです。

 

2.深いボールこそ、しっかり振り切ろう

相手のボールが深い、ときにこそ、しっかりストロークを振る。

これがすごく大事だと私は思います。

もちろん、大振りはしない。

早い準備で、早い振り出し、でラケットがパワーを持っている状態にして、ボールを打つ。

そうすれば、相手の深く強いボールでも、しっかりコントロール出来ます。

深いボールって、直前までバウンドしないので、すごくボール自体に力がありますよね。

だからこそ、こっちも打点を前に確保しないと腕がジーンとなるくらい、打ち負けてしまう。

そうならないように、ラケットはしっかり振らないとダメなんです。

 

3.どこかでアウトを願ってはいないか?

こういう人、すぐ分かります。

相手のショットが深そう、だとすぐにアウトを願う。

だから準備が遅れるし、入って来たらもうお手上げ。

しまいには、ジャッジもミスしてしまう、「アウト!」と言ってしまう人も多いです。

これでは、試合にならないどころかテニス選手として失格ですね。

相手の深いボールは、全て入って来る。

しっかり打ち返す中で、アウトならアウト、とジャッジすることが必要です。

 

4.振り切るには、足を決めないと振り切れない

少し話がそれましたが、いかにラケットを振り切るのか、について。

当然、下半身がしっかり決まっていないと、テニスはラケットを振り切れない。

深いボールが来たら、どこで止まるのか。

ずるずる下がっていっても、未来は無いですよね。

出来るだけ早く、足を決めて土台を作る。

そして、下から上に早めに振り出していく。

この意識だけで、みなさんの深いボールに対する処理はかなり改善すると思いますよ。

早く止まる!と、自分で言い聞かせる。

そうすれば、きっと決断力も磨かれていくはずです。

 

深いボールを、何となく返さない。

これだけで、かなり試合に強くなれます。

良いんです、多少ミスしたり、変えていく過程で苦労しても。

まずいのは、何も変えないで試合に出続けて、負けていくこと。

強い相手なら、必ず深いボールの処理機会は増えますからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意識とは?

    テニスの試合でコントロールが良い人、絶対に強い。うらやましいく…

  3. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う

    ストロークのコントロールの基本。みなさんは、普段どんなポイン…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  6. テニス フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
  3. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!
  4. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
PAGE TOP