テニス メンタル

戦術

飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト

目次

試合の中で、やっと届いたボール。

これが、返るのかどうか。

そして、良い場所に返すことが出来るかどうか、が大事ですよね。

試合では、あと1本というところで粘りが出せると流れが一気に変わります。

普通の人は、飛びついてボールをキャッチしたときに・・・どうでしょうか?

みなさんも、自分の試合をイメージしながら考えてみて下さい。

身体は熱く、頭は冷静に

しっかりと、身体は動かす。

でも、頭の中は冷静に。

冷めた感じ、で対応出来ると良いでしょう。

走って腕を伸ばして、届いたところで頭は冷静。

冷静だから、ラケット面を作って飛ばしたい方向を意識出来る。

テニスって、厳しい競技です。

ただ返すだけ、だと強い相手には決められる可能性が高い。

でも諦めないで、しっかり冷静につなぐだけで、かなり試合は変化していきますよ。


強い相手ほど、冷静に

強い相手でも、頭は冷静に。

おそらく、アナタ自身は走らされる機会は増えるでしょうから。

走っていると、つい頭も熱くなってしまいませんか?

これは、まだまだトレーニングが足りないということ。

練習との大きな違いは、ココですよね。

絶対に負けたくない、落としたくないから必死で走る。

そこでしっかり精度が高いショットが打てるかどうか。

自分を見つめ直すところ、から全ては始まります。

打点は前でさばく、を徹底しよう

出来るだけ、身体の前で触る。

厳しいボールは、打点が後ろになってしまうと前に飛ばせない。

スライスのグリップ、薄い握りでしっかり返球出来るように準備する。

打点を前でさばく、とイメージしておくと頭も冷静になります。

「どうやって返すのか、分からない・・・」となるから、混乱してしまう。

整理しておけば、しっかり対応出来るはず。

でも全ては、練習でどういうスタンスなのか、次第でしょう。

   

練習で、自分はどうなのか?

練習で、必死にボールを追う。

それを、ふざけないでしっかり返す、粘る。

こういうプレーが出来る人って、実は少ないですよね。

やっと追いついた時に、しゃにむに打ちにいくような人、練習だと多いじゃないですか。

練習から冷静に、相手を追い込んでいく、頭で何を考えていたのかを意識すること。

強打で気持ち良く打っているショット、だけだと試合もそうなってしまう。

走って追いついて、冷静に対応する。

練習で出来ることは試合で出来る、その逆もまたしかり、です。



難しいなら、シンプルに。

しっかりと冷静に対応出来れば、まだまだボールは返ります。

コートの現場で、まだまだ出来ることがある。

こう考えて、しっかり練習から意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント

    全仏オープン、テレビで観戦している方も多いと思います。このサイ…

  2. 戦術

    取り返したい、時ほど冷静に

    試合の中で、冷静さを失う時。それって、相手に「やられた時」だ…

  3. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  4. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長

    自分の成長を測るものさし。これは、しっかり意識しておかないとダ…

  5. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  6. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

    みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。でも試合では、ほと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    コースを変えるときにミスが増えるのは、なぜ?
  4. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう
  5. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者
PAGE TOP