テニス メンタル

フットワーク

疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。

しぶとい人、選手は試合をしていても嫌ですよね。

みなさんも、少しのポイントで必ず、変われます。

大事なのは、疲れた時に自分の何が崩れていくのか。

まずはそれを、しっかり知ることです。

 

疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

 

1.自分の弱さ、を知るところから

テニスの試合、そりゃ疲れますから。

当然、疲労が溜まってきたら、自分は変わる。

ここを、まずはしっかり受け入れることが大事です。

疲れたら、自分は弱くなる、変わってしまうんだということ。

なかなか、自分の弱さ、に目を向けることが出来ない人って多い。

試合に出ても、結局「いつも疲れて、雑になって負ける」ような人多いんじゃないですか?

まずは、「雑になる自分」に気付くこと。

試合に疲れること、はしっかり準備しておかないと勝てないです。

 

2.もったいないのは、追い付いているのにミスすること

試合後半、ボールに追い付けているのに、返球出来ない。

これって、すごくもったいないですよね。

シングルスの試合、しっかり走って触っているのに、どこか最後が雑になる。

これは、相当意識高く持っておかないと変われない。

追い付いているなら、しっかり返す。

それに必要なのは、球際の丁寧さ。

これだけです。

これが出来ないから、みんな試合で負けていく。

変わるには、具体的に疲れた自分をどうするのか、具体策が大事です。

 

3.打点に目線を残す、回転をかける

私が試合で、特に意識しているのはコレです。

まず、疲れた時こそ打点に顔を残す。

そして、回転をしっかりかける。

球際で、強く自分を持って焦らない、打った方向を早く向かない。

こういうこと、を意識すれば、ほとんどのボールって実は上手くコントロール出来るんですよ。

疲れてくると、こういう球際が弱くなる。

自分の過去の試合、思い出してみて下さいよ。

最後雑になって負ける、追い付いているのにミス、を変えていきましょう。

 

4.丁寧なショットは、最後に試合を動かす

例えば、すごく走らされてコートから外、に出るような場面。

もう、絶対絶命、ですね。

その時に、考えるのは上に打って時間を稼ぐ、ことも大事。

こういうショットに、しっかり球際で神経を使う。

丁寧に細かい部分まで神経を使うことで、良いボールが返球出来る、ミスが減る。

こういうショット、が試合を動かしていくんですよ。

走らされて追い出される、絶対絶命の場面で自分に丁寧さを求める。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

簡単なことじゃないですよね。

だからこそ、やれば周りとの差になって勝っていける。

試合で勝つ、には苦しい時に踏ん張らないと。

丁寧な球際、を意識すれば試合結果は変わるはず。

シングルスでもダブルスでも、勝負は試合の後半ですからね。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  2. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  3. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  4. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  5. テニス ストローク
  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークにスランプや調子の波は無い、という事実について

    「そんなの、当たり前じゃん」と思った方、分かっているなら始めましょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよ…
  3. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  5. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
PAGE TOP