テニス ポーチ

フットワーク

テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべますか?

ビッグサーブとサーブ&ボレーが出来る、またはネットプレーで柔らかいタッチが使える・・・ということが、代表例かと思います。

中でもポーチでしっかり動ける選手、やっぱり相手からしても嫌ですよね。

ただ出て来るだけでなく、その後の動きにも隙が無い・・・ような相手は、戦い辛い。

だからこそ、アナタもそういった動きを意識して、プレーの質を高めていくことが大事です!

 

テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

 


 

■がむしゃらにポーチに出てくる相手は、怖くない

ポーチに出てくる相手は嫌ですが、ただがむしゃらに出てきて触る相手ならなんとなかる。

返球すればそれにビックリして、後衛もカバー出来ない・・・ようなダブルス選手、いますよね。

そんな選手にならないように、アナタ自身しっかりバランスを崩さないことが一番。

ポーチ1球で決まるポイントは、あれば儲けものくらいの感じでいましょう。

過度な期待は、テニスにおいて禁物です。

 

■バランスを崩さないことが、ネットプレーにおいて必要不可欠

意外とバランスを崩さない、ということの大切さは忘れられがちです。

自分が打った後、相手が打つ前に自分がどういう状態になっているか。

試合に強いペアは、その隙を見逃してくれません。

特にポーチのように大きく踏み出して打った後には、その足を戻してまたスプリットステップを踏まないと次への連動したプレーが出来ない、のがテニスです。

 

■ポーチボレーの概念を変えて、先に待ち構えるとGOOD!

良い機会ですので、思い切ってポーチの概念を変えてみませんか?

相手のクロスボールに飛びつく、のではなく先に移動しておいて待ち構える。

待ち構えて行うのは、あくまで普通のボレー、で大丈夫。

何も難しいことは無いので、フットワークやバランスも乱れない。

思い切ってストレートを捨ててポーチに出る、というのがバランスを保つ最高の手段になるかも知れません。

 

大きく足を踏み込んで打つときに、なるべく頭の位置が変わらないこと。

そうすれば目線も変わらないので、打点もぶれずにしかも構え直しもしやすい。

逆にバランスをすぐに崩す人は、頭から突っ込んで腰とお尻が残っていることが多いのが特徴。

ぜひポーチで打ち終わったとき、アナタ自身態勢を確認してみて下さい。

相手に「穴」だと思われない為に・・・。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークに、スランプや調子の波は無い

    「そんなの、当たり前じゃん」と思った方、分かっているなら始めましょう。…

  2. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガ…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

  5. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎…

特集記事

  1. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  2. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注…
PAGE TOP