テニス ストローク

戦術

初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方

テニスの試合、序盤大事。

これはあっという間に時間が過ぎて、いつの間にか終わってしまうテニスの試合の鉄則です。

私たちの試合、ほとんどが1セットマッチ。

しかも、時にはノーアド形式なんておまけ付き。

序盤さえしっかり戦えれば、テニスの試合の勝率は一気に上がる。

今日は5分で覚えられる、初心者の方でも実践可能な考え方、まとめてみました。

 

初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方

 


 

1.テイクバックの速さが命

これが、まず第一の肝です。

試合の序盤、ラケットを引くのが遅いとそれはもう致命的なミスにつながります。

最初って、ボールが遅く感じるかもしれません。

相手が打って、「何だ、余裕じゃないか・・・」と、ついバウンドに合わせてラケットを引いてしまう。

この時点で、もうミスの原因を自分で作ってしまっている。

速くテイクバックして、足を止めて引き付ける。

試合の序盤は、とにかく速い横向き、テイクバック、を意識していきましょう。

 

2.ファーストサーブは打たない

試合の序盤、セカンドサーブ×2、で良いでしょう。

これは、決して守備的な戦い方の選択ではなく、ファーストサーブをしっかり入れていくということで相手にプレッシャーを与える、むしろ積極策です。

ダブルフォルトも怖いですが、それ以上に、アナタ自身の試合のリズムが序盤から乱れるのが怖い。

ファーストサーブ、身体が温まった後半、で良いんじゃないですか?

ルール上、ファーストサーブを必ず打たないといけない、なんてことは無いですからね。

 

3.リターンもセカンドリターン、で良い

つまりは、しっかりコートに返球するということ。

それを叩かれたら、しょうがない。

リターンミス、もまた序盤で一番、アナタのリズムを壊してく怖い要因になる。

相手のサーブが速ければスライス、でも良い。

セカンドリターン、という発想で、まずは確実にリターンしていきましょう。

多少は最初、下がっても良いと思います、ポジション。

サーブが見えてきたら、しっかりポジションを上げて打点も高い位置に確保できるようにしていきましょう。

リターンを入れる、相手コートにバウンドさせる、ことをしっかり意識しましょう。

 

4.ゲームの1ポイント目は、大胆に攻める

どんなゲームも、最初は0-0のカウントから。

積極的に出るなら、ここでしょう。

ダブルスならポーチ、シングルスならネットダッシュ。

しっかり自分のテニスの中で、「守りだけじゃないからね」という意図を相手に伝える。

落としてもまだ修正、挽回が効きますから。

試合前から、自分なりの奇策、考えておいて実行しましょう!

 

5.笑顔で、全力で、試合に入る!

つい、最初ってゆったりしがちじゃないですか。

どこかスカしたような感じ、様子見、な相手に対して、アナタはどう挑んでいきましょうか。

序盤こそ、笑顔で、全開。

最初から、この試合の主役は自分だと主張していきましょう。

笑顔でしっかり、足を動かして全力で入る。

集中力のピークを、試合の序盤にもってくる。

これくらいの覚悟、でテニスの試合は入ることが大事です。

 

やることは、すごくシンプルですよね。

速い準備で確実に、ただしゲームの最初のポイントにはアクセントを入れる。

これは、今のアナタのテニスのレベルで実現出来ること。

試合の5分前、には少しだけ思い出してみて下さい。

出来れば、小さいメモ、テニスノートに書いて読み返しておく。

字を読むと、人は落ち着きますからね。

初心者の方こそ、こういう小さい準備、大切にして試合に入っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです

    皆さんが試合をする相手は、どんな相手でしょう?草大会やオープン…

  2. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです

    「色々考えてやるけど、上手くいけばそれで良いじゃないですか」と…

  3. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

  4. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

  5. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  6. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  2. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  3. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる
  4. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
PAGE TOP