テニス リターン

リターン

テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン」を身に付ける必要があります

「自分のテニスにはこれと言って特徴も武器も無い・・・」

そんな言葉を、先週ある高校生プレイヤーから聞く機会がありました。

本当に、そうでしょうか?

仮にもしそうだとしても、テニスの試合で使える武器はいつでも自分で編み出して作ることができます。

今回は、一番効果的でやってみる価値があると思われる、リターンの攻撃パターンを考えてみましょう。

難しい技術の話はさておき、攻撃していく姿勢こそが、アナタの最大の武器になります!

 

テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン」を身に付ける必要があります

 


 

■トッププロ選手も使う、思い切った攻撃パターン

リターンゲームで、アナタはどんなポイントパターンを持っていますか?

ダブルスでもシングルスでも、ここぞという場面での作戦は攻撃的に展開していきたいところ。

その為には、「はっきりと、分かりやすく」攻撃の姿勢を相手に示す必要があります。

特に相手のセカンドサーブに対しては、甘くなる傾向にありますのでどんどん攻撃して相手にプレッシャーをかけていきたい。

その為のヒントは、逆クロスのフォアハンドにあります。

 

■相手がサーブを打つ前に、態勢を整えよう!

相手がサーブを打つ前に、もう完全にフォアハンドで回り込んだポジションを取ってみて下さい。

はっきり、横向きを作るくらいでも良いでしょう。

相手がサーブのトスアップの動作に入ったらこちらのコートは見えませんので、動くチャンス!

セカンドサーブですから、さほど厳しいコースにも来ませんし、浅くなる可能性も台。

コートの内側に入って、SABR並みにライジングショットでリターンしていくくらいのテンションで臨みましょう。

ポイントは、「失敗を恐れないで、思い切りアタックしていくこと」です。

相手に対して、「甘いセカンドサーブは、絶対に見逃さない!」というメッセージを送ることが大事です。

 

■フォアハンドの逆クロスが、なぜ有効なのか?

フォアハンドの逆クロスリターンは、本当にお勧めです。

なぜなら、多少打点が遅れてもしっかりコースに飛んでくれる。

そしてフォームがダイナミックなので、攻撃している感がすごく伝わって相手にプレッシャーをかけられる、からです。

想像してみて下さい。

セカンドサーブを打って、相手が待ってましたとばかりに「フォアハンドで大きなフォーム」で構えられると、誰だって嫌ですよね。

逆クロス方向に打つことができれば、それは相手のバックハンドになる可能性も高く、そのままネットに詰めてボレーにもつなげやすい。

難しい技術と考えないで、まずは「早めにはっきり、準備する」そして、「大きなフォームでコンパクトなスィングでアタックする」ことを実践していきましょう。

 

リターンは良いショットが1本あるだけで、相手は「攻撃的な選手だな・・・」という印象を持ってくれる特別なショットです。

失敗しても、めげずにまた攻撃していきましょう。

もちろん確実にラリーにつなげていく姿勢も大事ですが、レベルが高い試合でのリターンゲームでは、どこかで思い切った姿勢を見せることがとても大事。

思い切ったトライの結果、失敗したりしてもそれはそれで成功とも言えます。

ぜひ、実際の試合で試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  3. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  4. テニス ロブ
  5. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

  6. テニス 技術

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
PAGE TOP