テニス 準備

サーブ

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

難しく考えないで、がキーワード。

試合の中で、神経を一番使うのって、セカンドサーブを打つ時、じゃないですか。

だからこそ、入らない時には「どういう意識で打つのか?」だけ決めておく。

あくまで私の感覚ですが、ほとんどのセカンドサーブは、これで何とかなります。

 

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

 


 

1.セカンドサーブが入らない、恐怖心が試合を壊す

やっぱり、一番痛い失点ですよね。

ダブルフォルト、から試合は乱れて崩れていく。

入れにいっているのに、セカンドサーブが入らない、その悪循環で試合に負けた経験、1度や2度じゃないはず。

だからこそ、「試合の現場で使えるキーワード」を持っておきたいところ。

私は、このキーワードを常に携えてます。

「上に振り抜けば、サーブは入る」と。

実際に、そうなんですよ。

 

2.振り抜かないから、フラットに当たってフォルトになる

振り抜こう!と思えば、自然と回転もかかる。

サーブが入らない時、特に男性で多いのがフラットに当たり過ぎている時。

直線的な軌道で、ネットするか、ネットを越えても落ち切らないでフォルトしてしまう。

それなら、しっかりとラケットを上に振り切って、回転をかけることに集中する。

上に振り抜くから、軌道も山なりになる。

そして、ネットを越えれば、回転がかかっているので変化してサーブは入る。

この感覚、が試合では大事なんですよね。

 

3.意識して膝を曲げて、ジャンプ!

どうしようもなくセカンドサーブが入らない時は、上半身だけのサーブになりがち。

つい、足を使わないで打ってしまってるんですよね。

でも、これではなかなか力が伝わらない。

膝を意識して曲げて、ジャンプ!しながら打つ。

ジャンプする、コートを蹴っていくことで、自然と上方向に振り抜くラケットワークが出来る。

もう、セカンドが入らない時にはこれしかないですよ。

とにかく、小さくならずに大きく、ダイナミックに、です。

 

4.考えすぎない、上に振り切るだけ

考えすぎないで、今のサーブに集中する。

グリップがどうとか、打点がどうとか、その場での修正は難しいでしょう。

ですから、上に振り抜くんだ!というキーワードだけで良い。

膝を使って、身体全体を使っていくこと、を意識する。

何かをやりきれば、きっとボールにも力が宿る。

きっと、良いセカンドサーブになって、相手もプレッシャーに感じてくれるはずですよ。

 

セカンドサーブが入らない、くらいでまずは慌てないこと。

準備出来ていれば、本当に慌てる必要は無いですから。

上に振り抜くサーブ、練習でもぜひ打ってみて下さい。

難しいことは考えない、コースも狙いはボディで良い。

とにかく、やり切ることが大事、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでいつも、「ラケットの変なところに当たる」人は・・・?

    サーブでいつも、「ちゃんと当たっている感じ」がしない人、多いと思います…

  3. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  4. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
  3. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
  4. メンタル

    テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな…
  5. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
PAGE TOP