テニス 準備

サーブ

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

難しく考えないで、がキーワード。

試合の中で、神経を一番使うのって、セカンドサーブを打つ時、じゃないですか。

だからこそ、入らない時には「どういう意識で打つのか?」だけ決めておく。

あくまで私の感覚ですが、ほとんどのセカンドサーブは、これで何とかなります。

 

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

 


 

1.セカンドサーブが入らない、恐怖心が試合を壊す

やっぱり、一番痛い失点ですよね。

ダブルフォルト、から試合は乱れて崩れていく。

入れにいっているのに、セカンドサーブが入らない、その悪循環で試合に負けた経験、1度や2度じゃないはず。

だからこそ、「試合の現場で使えるキーワード」を持っておきたいところ。

私は、このキーワードを常に携えてます。

「上に振り抜けば、サーブは入る」と。

実際に、そうなんですよ。

 

2.振り抜かないから、フラットに当たってフォルトになる

振り抜こう!と思えば、自然と回転もかかる。

サーブが入らない時、特に男性で多いのがフラットに当たり過ぎている時。

直線的な軌道で、ネットするか、ネットを越えても落ち切らないでフォルトしてしまう。

それなら、しっかりとラケットを上に振り切って、回転をかけることに集中する。

上に振り抜くから、軌道も山なりになる。

そして、ネットを越えれば、回転がかかっているので変化してサーブは入る。

この感覚、が試合では大事なんですよね。

 

3.意識して膝を曲げて、ジャンプ!

どうしようもなくセカンドサーブが入らない時は、上半身だけのサーブになりがち。

つい、足を使わないで打ってしまってるんですよね。

でも、これではなかなか力が伝わらない。

膝を意識して曲げて、ジャンプ!しながら打つ。

ジャンプする、コートを蹴っていくことで、自然と上方向に振り抜くラケットワークが出来る。

もう、セカンドが入らない時にはこれしかないですよ。

とにかく、小さくならずに大きく、ダイナミックに、です。

 

4.考えすぎない、上に振り切るだけ

考えすぎないで、今のサーブに集中する。

グリップがどうとか、打点がどうとか、その場での修正は難しいでしょう。

ですから、上に振り抜くんだ!というキーワードだけで良い。

膝を使って、身体全体を使っていくこと、を意識する。

何かをやりきれば、きっとボールにも力が宿る。

きっと、良いセカンドサーブになって、相手もプレッシャーに感じてくれるはずですよ。

 

セカンドサーブが入らない、くらいでまずは慌てないこと。

準備出来ていれば、本当に慌てる必要は無いですから。

上に振り抜くサーブ、練習でもぜひ打ってみて下さい。

難しいことは考えない、コースも狙いはボディで良い。

とにかく、やり切ることが大事、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ

    ダブルフォルトが続いてしまう。このとき、ダブルスだったらアナタ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安定します!

    サーブが試合で入らなくなる恐怖、誰でも一度は経験ありますよね。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

    スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。そう考…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?
  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
  3. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう
  4. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
PAGE TOP