テニス 準備

サーブ

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

難しく考えないで、がキーワード。

試合の中で、神経を一番使うのって、セカンドサーブを打つ時、じゃないですか。

だからこそ、入らない時には「どういう意識で打つのか?」だけ決めておく。

あくまで私の感覚ですが、ほとんどのセカンドサーブは、これで何とかなります。

 

セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る

 


 

1.セカンドサーブが入らない、恐怖心が試合を壊す

やっぱり、一番痛い失点ですよね。

ダブルフォルト、から試合は乱れて崩れていく。

入れにいっているのに、セカンドサーブが入らない、その悪循環で試合に負けた経験、1度や2度じゃないはず。

だからこそ、「試合の現場で使えるキーワード」を持っておきたいところ。

私は、このキーワードを常に携えてます。

「上に振り抜けば、サーブは入る」と。

実際に、そうなんですよ。

 

2.振り抜かないから、フラットに当たってフォルトになる

振り抜こう!と思えば、自然と回転もかかる。

サーブが入らない時、特に男性で多いのがフラットに当たり過ぎている時。

直線的な軌道で、ネットするか、ネットを越えても落ち切らないでフォルトしてしまう。

それなら、しっかりとラケットを上に振り切って、回転をかけることに集中する。

上に振り抜くから、軌道も山なりになる。

そして、ネットを越えれば、回転がかかっているので変化してサーブは入る。

この感覚、が試合では大事なんですよね。

 

3.意識して膝を曲げて、ジャンプ!

どうしようもなくセカンドサーブが入らない時は、上半身だけのサーブになりがち。

つい、足を使わないで打ってしまってるんですよね。

でも、これではなかなか力が伝わらない。

膝を意識して曲げて、ジャンプ!しながら打つ。

ジャンプする、コートを蹴っていくことで、自然と上方向に振り抜くラケットワークが出来る。

もう、セカンドが入らない時にはこれしかないですよ。

とにかく、小さくならずに大きく、ダイナミックに、です。

 

4.考えすぎない、上に振り切るだけ

考えすぎないで、今のサーブに集中する。

グリップがどうとか、打点がどうとか、その場での修正は難しいでしょう。

ですから、上に振り抜くんだ!というキーワードだけで良い。

膝を使って、身体全体を使っていくこと、を意識する。

何かをやりきれば、きっとボールにも力が宿る。

きっと、良いセカンドサーブになって、相手もプレッシャーに感じてくれるはずですよ。

 

セカンドサーブが入らない、くらいでまずは慌てないこと。

準備出来ていれば、本当に慌てる必要は無いですから。

上に振り抜くサーブ、練習でもぜひ打ってみて下さい。

難しいことは考えない、コースも狙いはボディで良い。

とにかく、やり切ることが大事、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  3. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手…

  4. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くなる

    テニスのショットの特徴として、「ボールが曲がる」という要素がある。…

  5. サーブ

    甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

    これから、サーブ&ボレーにトライしたい。そう考えているみなさ…

  6. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めて…
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?
  4. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
  5. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
PAGE TOP