テニス サーブ

サーブ

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

サービスゲームが得意な人、日本にどれくらいいるでしょうか?

プロ選手でも、サーブ1本で決められる力がある選手は少ない。

ましてや一般の方や学生の皆さんにとって、サーブを強化していくのは至難の業です。

「全部を得意コース」に出来れば理想ですが、せめて1つくらいはここぞという時に、頼りになるサーブが欲しいですよね。

であれば、私はこのサーブを徹底的に磨くことをオススメします!

 

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

 


 

■なぜ、「アドバンテージサイド」なのか?

答えは簡単。

テニスの試合では、アドバンテージサイドで重要なポイントが回ってきやすい。

もちろん、その重要なポイントの前、のポイントも大事な訳ですが、実際に上のレベルでは特に「ブレークポイントでどういうプレーが出来るか?」が試合の大きな鍵になる。

30-40のときに、サーブがアナタの助けになるか?

40-30のサーブのときに、ゲームをしっかり獲り切るプレーがアドバンテージサイドで出来ているかどうか、が試合の中では特に重要になります。

その為にも、磨いて欲しいのはアドバンテージサイドのときのセンターへのサーブ、です。

 

■アドバンテージサイドでは、リターンでほとんどの右利き選手がバックハンドをケアする

左利きの方もテニス選手には多いですが、9割は右利きの選手。

だからこそバックハンド、アドバンテージサイドではワイド側をほとんどの選手は頭に入れてケアしています。

よく左利きの選手がワイドに打てるのが強み、という話がありますが、本当にそうでしょうか?

しっかりケアされているのであれば、むしろセンターにしっかり打った方がポイントを獲れると思いませんか?

サーバーが右利きの方であれば、しっかりセンターにスライスサーブを打ちたいところ。

そうすれば、バック側をケアしていた選手はフォアで触るのがやっと・・・という感じになると思います。

 

■サービスエースはいらない、やっと触れるくらいで充分

もちろんサービスエースになればそれに越したことは無いですが、まずはフォアハンドで触らせましょう。

ライン際を狙うのではなく、50cm内側で充分です。

むしろエースを獲りたいのであれば、しっかりワイド側にもサーブを見せておいて、相手をそちらに寄せておかないと無理。

センターへは確率重視、ネットの高さは低く距離が短いので、少し直線的なサーブでもワイドよりは入ります。

ネットの上に目標を作って、7割くらいの力で打つイメージでちょうど良いでしょう。

 

プロ選手のサーブ、よーく観察してみて下さい。

勝負どころでは、あえてフォアハンド側へサーブを打つ選手も多い。

それだけ皆、バックハンドでの意識がリターンは強いということ。

センターにしっかりサーブが打てれば、名リターナーでも前に出て来ることも難しくなります

まずはアドサイドのセンターへのサーブ、徹底的に練習してみることをオススメします!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

    サーブを打つときに、トスアップの動作がスムーズな人って、どんな感じでし…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  4. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

    シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効
  4. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
PAGE TOP