テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。

確かにシングルスは一人孤独な闘いですし、サーブのような難しい技術も静かな中で自分から打ち始めないといけない。

精神面のコントロールが試合の結果を大きく左右する、というのも分かります。

ですがこの「メンタル」という言葉には、落とし穴があるようにもありように私は思います。

勝てない理由を押し付ける、ある意味便利なものに、してしまってはいないでしょうか?

 

テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

 


 

■そもそも、「メンタルの強さ、弱さ」って何だ?

メンタルとは精神力の強さ、という表現が正しいかどうか分かりませんが、「自分をコントロールする力」だと考えると、テニスでは考えやすい。

メンタルが強い選手というのは、物事を客観的に見ることができて、自分をコントロール出来て試合もコントロール出来る。

逆に弱い選手はちょっとした変化や自分のミスに感情的になり、いつまで経っても自分をコントロール出来ない。

この強さと弱さは、どこから違いとして出てくるのでしょうか?

 

■「メンタルの強さ」とは「自信の強さ」

私が考えるに、メンタルが強い選手は自信が強い。

この自信というのは危ない言葉で、ともすればすぐに「過信」にも変わってしまう。

そこには「客観性」が無いと、試合で自分をコントロールできるメンタルの強さには変えていけません。

では、どうすれば「客観性」が作れるのか?

それは、「自分の事実、実績を可視化する」ことです。

勝ってきた試合、積み重ねてきた練習、全てを自分の言葉にしてテニスノートに記しておく。

試合の前後や毎日の練習の中で、常に振り返りながら自信を「蓄えていく」ことこそ、メンタルの強さに繋がるのです。

 

■「メンタルが弱い」は、自分で思っても口にしてはいけない

言霊、という言葉が日本にはあります。

言葉は魂となり、実際に自分の行動に反映されていきます。

「メンタル弱いからな・・・」と、小さい声にでも出してはいけない、試合に勝ちたい、勝てる選手になっていきたいのなら。

それは試合に負ける言い訳を、自分で準備しているだけです。

アナタが試合で負けるのは、技術不足、体力不足、そして自分をコントロールする力が相手に劣っていたから。

どこか責任を転嫁してしまうような言葉を、アナタ自身発していないか考えてみて下さい。

 

厳しい話に聞こえるかも知れませんが、テニスにおけるメンタルの強さ、自信の強さは、「自分で作り上げていく」しかないのです。

その為にテニスノートがあり、動画があり、周りの仲間がいる。

自分で行動に移して、自分のテニスをどんどん「目に見える形」にしていきましょう。

そうすることできっと、試合に強いアナタのメンタルが出来上がってくるはずです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

  2. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  4. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの

    そろそろ、テニスが出来る。そう感じてワクワクしている方も、多…

  5. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう

    試合に強い人って、どこかで試合を本当に楽しんでいる。非日常で、…

  6. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  2. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来て…
  4. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ
PAGE TOP