テニス サーブ

サーブ

スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

今回は、スピンサーブの安定感について。

私自身、高校時代にこの感覚を掴んでグッとサーブが得意になりました。

スピンサーブって、どうしてもボールを「縦に」回転をかけていくイメージじゃないですか。

でもこれ、ちょっと違うんです。

実は、回転の向きは斜めで良い。

この感覚、文章でお伝え出来るか分からないのですが・・・書いてみたいと思います。

 

スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

 


 

1.スピンサーブの回転、実はスライスサーブに近い

これ・・・実は、私の感覚で言えばそう。

スライスサーブ、に近い感じでスピンサーブ、を打った方が安定する。

つまり、ボールを斜めくらいに回転をかける、くらいでちょうど良いんです。

縦回転をかけようとすると、どうしてもボールを「頭の後ろ」くらいでひっかけるようなイメージ無いですか?

屈強な男性なら打てるかも知れませんが、それでも厳しいはずです、この打ち方。

斜めに回転をかける、つまりは右利きの方ですと、右斜め上方向に向かって回転をかけていけば良い。

それくらいの感じで、良いと思いますよ。

 

2.スピンスライスサーブ、で良いんじゃない?

特に女性の方も、私はこれで良いと思いますよ。

純粋なスライス、スピンでなくて良い。

そもそも、その定義も曖昧ですからね。

大事なのは、試合でしっかり使える、勝てるサーブなのかどうか、ということ。

この観点で言えば、私はスピンとスライスの間、でも良いと思っています。

少しスライスを強くしてワイドに、という感じも打てますしね。

スピンを強くしたいなら、その斜めの回転を少し縦方向に変えていく。

これで良いと思いますよ。

 

3.斜めの回転だと、自然に振り切れる!

サーブで嫌なのって、「振り切れないとき」じゃないですか?

スピンスライスなら、斜めの回転で良いので、斜め上方向へのスウィングで良い。

斜め上なら、ラケットを振り抜いていきやすい。

そう思いませんか?

ただし、打点はしっかり前に確保しておく。

手のひらでボールに斜めに回転を与えていくイメージ、今その場で練習してみませんか?

 

4.セカンドサーブなら、トスを少し身体の近くに変えよう

私は30cmくらい、近くします。

セカンドサーブは、少しだけ身体の近くで打つようにする。

これだけで、だいぶ安定感が増すはずです。

スライスでもない、スピンでも無い。

でもきっと、これがスピンサーブ、なんだと思います。

 

あくまで私のコツですので、皆さんに合うかどうか分からないのですが・・・。

でも、実際には試合で使えるサーブ、なはずです。

スライスにも調整出来るし、スピンにも出来る。

ただ、安定感を増すためには、練習が必要ですね。

サーブに悩んでいる方がいれば、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

    試合に出ている人は、気付いているはず。「自分のサーブ」を改良し…

  2. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  3. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ラリーが続かない」「バコバコ打って、勝つ気が無い」という部活に嫌気がさしている…
  2. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
  3. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
PAGE TOP