サーブ

スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブとして持っておきたいですよね。

プロ選手の連続写真を見ると、頭の後ろにトスを上げて身体全体を使って打つように見えますが、実は少し異なります。

頭の後ろに上げているようで、実はしっかり身体の前で打っている。

このことに気付いていないと、キレのあるスピンサーブはいつまで経っても打てないのです。

 

スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

 

■頭の後ろの打点で、力入りますか?

頭の後ろ、背中に近い部分でボールを打っても、力は入りません。

これは実際に打ってみるとすぐに分かる。

それでも、イメージが先行しているので変えられない・・・という人が多いように思います。

スピンサーブでもどんなサーブでも、絶対に打点は前、コートの内側にボールが落ちるようなトスアップが必須です。

まずこのことを、しっかり頭に入れておきましょう。

 

■膝をしっかり曲げれば、身体の反りはそこまで必要無い

膝の沈み込みがしっかり出来ている人は、さほど上体を「反る」ような動きは必要ありません。

そのことで、逆にバランスを崩してしまう人も多いので、しっかり全体のバランスを意識しましょう。

膝を曲げてグッと低くなれば、それだけでボールを下から捉えやすくなり安定感もアップします。

 

■胸を張る、しっかりコートをキックすれば良い縦回転がかかる!

スピン回転の質で考えたときに、後ろでこすっているだけのサーブと打点前のサーブは根本的に違います。

打点が前で、しっかり低い態勢から打たれたサーブは、重くて弾む。

逆にこすっただけのスピン回転は、オムニコートなんかではほとんど伸びが無くなる。

この差は、特にセカンドサーブになったときに如実にポイント取得率に現れるのです。

テニスでは、ボールの伸びが相手にどういう影響を与えているかを、しっかり自分で意識しなければ成長はありません。

 

スピンサーブは難しい、男性のパワーが必要と思われがちですが、そんなことはありません。

正しい打点とグリップ、下半身が使えれば、誰にでも打てる便利なサーブです。

言葉だけで説明するのはなかなか難しいですが、ぜひ色々な動画を観たりアドバイスを聞いたりしながら、チャレンジしてみて下さい。

最初は上手くいかなくて当然。

ただ一つ、トスは前に上げる・・・ということだけ、しっかり覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  2. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になるテニスのリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  5. サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  6. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

特集記事

  1. テニス タオル
  2. テニス 練習
  3. テニス トレーニング
  4. テニス ガット
  5. テニス ラケットバッグ
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」テニス選手として上を目指すなら、同じ対戦相手との試合…
  5. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「予測が当たったら攻勢に出ること」を忘れないように
PAGE TOP