テニス ボレー

ボレー

安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?

私の経験上、「ボレーしか出来ません」という人は、大抵ストロークも上手いしてにすの上級者。

でもボレーに、ネットプレーに自信がある人のプレーって、観ていると実はとてもシンプルだったりします。

よく観察してみると、その秘密はきっとアナタにも分かるはず。

今回は安定感のあるネットプレイヤーに共通する、「ある秘密」について考えてみたいと思います。

 

安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

 


 

■時間に余裕が無いネットプレーは、出来るだけシンプルに

レベルが高いラリーになると、ストロークのスピードは120kmを軽く超えます。

フラット系のショットはもちろん、スピンやスライスで沈めてくる相手に対して、今のテニス界はネットプレイヤーにとって辛い時代。

だからこそ、出来るだけ「シンプルに」「素早く」が大きなテーマになってきます。

その為に、意識することは何か?

出来るだけ「ラケットを動かさないこと」に尽きると思います。

 

■構えがしっかりしていれば、後の主役は下半身

しっかりラケットを身体の前でセット、少しバックボレー側の面を相手に向ける。

この構えが出来ていれば、ボールが飛んで来るとその軌道の延長線上にセットするだけ。

後の主役は下半身です。

踏み込んで横向きを作れば、ラケットはそれほど動かさなくても充分に良いボレーが打てます。

慌てて後ろに引いたり、足が止まってしまうから安定感が無くなってしまう。

自分で自分を難しくしているようなプレーは、特に学生の皆さんに多いような気がします。

 

■顔の横にラケットをセット、視界から消えないように

自分の視界からラケットが消えてしまうと、それはテイクバックが大き過ぎ。

顔の横にセットする、低い打球には自分の目線が低くなる。

その意識を持って、ラケットだけで反応しないようにしましょう。

ボレー自体に苦手意識があると、身体が動いていかずにラケットだけの反応になってしまうので、注意が必要です。

 

今回ご紹介した秘策は、主に速いボールや余裕が無い時を想定しています。

遅くてゆるいボールをボレーするときには、実際にはラケットをしっかり上から動かすような場面もあるでしょう。

ですがこの基本があったうえで、あえてラケットを動かすというような意識を持ってみると、ボレーはすごく楽になります。

テニスの試合は、長く険しい。

楽して体力を温存できる部分は、自分でしっかり工夫していきたいですね。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

    試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。ストロークに比…

  4. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れません…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足下、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう

    構え直しの重要性を何度も書いて来ましたが、それは特にネットプレーの時に…

  6. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  2. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由
  3. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっ…
  4. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
PAGE TOP