サーブ

サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?

恐らく、ボールを持って、ラケットに近づける感じ、だと思うんですよね。

この位置、を見直してみることで、もしかしたらサーブが劇的に良くなるかもしれない。

私自身、実はこれ最近変えてみて、良かったんです。

 

サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

 


 

1.サーブを打つ前、ラケットとボールの位置は?

恐らく、ほとんどの人がこんな感じ、じゃないでしょうか。

ラケットのスロート部分に、ボールを添える。

これでも、すごくバランスの良いサーブは打てると思います。

でも、最近私はこの時、ボールをあえてラケット面に当てるようにしています。

こうすることで、「ここで触るぞ!」という良いイメージになる。

触っている感覚、も利き腕で感じることが出来るんです。

 

2.サーブを打つ瞬間、の動作を先にやってしまう

というような感じ、で私は打っています。

まず、構えの段階からボールを正しい箇所に当てる。

そして、頭上にトスアップして、打つときもそれを同じように繰り返すだけ。

このイメージなので、最初と最後が揃っている、良いサーブが打てる感覚がある。

緊張した場面でも、このルーティーンを繰り返すのがサーブ、だと思うとすごく楽ですよ。

 

3.精神的に、落ち着くんです

サーブを打つべき場所、にボールを当てる。

これだけで、すごく精神的に落ち着くんですよね。

ここに当てるんだ、と思えれば、すごく楽。

トスアップも低めで、ラケットも大きく回すというよりは、コンパクトなサーブで良い。

みなさんも、ぜひこのボールでラケット面を触る、というのを実践してみて下さい。

もし、しっくり来なかったら止めれば良いだけの話ですから。

 

4.グリップも確認出来るので、回転系サーブも打ちやすい

この動作を入れると、何が良いのか。

ラケットのグリップも固めて触るので、どういう角度でボールが当たるのか、までイメージしやすいんです。

これって、すごく楽なんですよね。

実際、試合でもスライス、スピンと使い分ける時に、先に打点のイメージを手元で出来る。

ちょっと当たりが厚い、と感じたら薄く調整も出来る、それが目に見える。

ぜひ、回転系のサーブを打つ方は、この方法で事前にインパクトの感覚を確認してみて下さい。

 

サーブを打つ前、緊張の瞬間。

難しいことをやる、と思うから緊張してしまうんです。

先にボールを当ててみて、「よし、ここで打てば良いんだ」と思えたら楽。

実戦的なアイデアとして、ぜひ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス リターン
  2. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  3. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう

    みなさんは、試合の中でどんなプレーで相手と自分の実力を比較してますか…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう…
PAGE TOP