サーブ

サーブ&ボレー、必勝のコツ

試合で使う、サーブ&ボレー。

でも、なかなか成功しない、ミスのイメージしか湧いて来ない方も多いでしょう。

私が普段意識していること、ちょっとしたコツ。

本当にちょっとしたことですが、すぐに出来てみなさんも使えるはず。

実力関係なく、大事なポイントです。

 

サーブ&ボレー、必勝のコツ

 


 

1.「ファーストボレーまで、集中」

あまり、先々のことを考えてもダメ。

まずサーブ、そしてファーストボレー。

この2つがしっかりしていれば、その先は何とでもなります。

もっと言えば、良いサーブが入れば良いファーストボレーの8割は完成したようなもの。

そしてファーストボレーがある程度しっかりと返れば、もうそのポイントはほぼ決まったようなもの。

「ファーストボレーまで、集中」で良い。

ダブルスでも、必要な考え方だと思います。

 

2.パートナーにも伝えておこう

「とにかく、ファーストボレーまで頑張るわ」と、伝えてみる。

これ、弱気なようですが、パートナーに宣言することで自分もハッキリ意識出来ます。

それに、パートナーの前衛も、「そこから先は、自分の仕事だな」と感じてくれる。

強い相手に対しては、ファーストボレーまで頑張ることだって大変ですからね。

ここまでは、しっかりと責任を持って遂行しよう、自分がやるんだと。

言葉にすること、伝えることで迷いも消えると思いますよ。

 

3.自分が楽になる方法、を考えよう

試合では、このスタンスが大事。

色々考えるし、準備はするけど、結果的にそれが自分を苦しめていることになってはいませんか?

がんじがらめに自分を縛っても、良いプレーは出来ない。

特にサーブ&ボレーのような作戦は、勇気が要るじゃないですか。

強い相手と分かっていても、前に出る、そのために自分が楽になる言葉を持っておく。

強い相手だからこそ、サーブ&ボレーって必要ですからね。

「ファーストボレーまで集中」だけで良いんです。

 

4.あとは勝手に、身体が反応してくれる

「でも、そのファーストボレーが返されたらどうするの?」と思いますよね。

これも、心配いりません。

無心で良い。

私の経験では、ファーストボレーまでしっかりプレー出来れば、あとは身体が反応してくれます。

サーブ、ファーストボレー、をしっかりリズムよく繰り出していく。

ここから先は、どうにでもなります。

余裕が出てきたら考えれば良い。

あ、でも1つだけ。

ファーストボレーがしっかり深く入ったら、相手はロブで来る可能性が高いですね。

これだけ意識して、ポジションを前にし過ぎないようにしておきましょう。

 

コツでも何でも無い、かもしれません。

ですが、私はいつも、このスタンス。

「ファーストボレーまで、ファーストボレーまでで良いんだ」と。

独り言のようにつぶやいていると、プレーって変わりますよ。

それは、メンタルが楽になっているから、なんですね。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  3. サーブ

    30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

    試合で、サービスゲームをどう考えるのか。色々考えた結果、私は最…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

    スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

    特に男性、の皆さん。そして「ペタン」というようなストロークのグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  2. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?
  4. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP