テニス サーブ

サーブ

「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?

原因は色々考えられるけど、まずは次に打つ時にショットの回転量を増やすでしょ?

 

「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

 


 

回転が増えることで、ボールが落ちやすくなるからネットに掛かりにくく、そしてコートの枠に入りやすいストロークになる。

そうやって安定させることが出来たら、また回転量を元通りの少ないショットにしていくというのがよくあるパターン。

ということは、回転量の多い安定型ストロークと、回転量の少ないパワー系ストロークは、基本的に同じ系統のショットであり、それを回転量で打ち分けていると言える。

だから打つリズムもスィングスピードも同じになり、ミスが多くなって回転量を増やしても、また調子が戻ってきたら、パワー系に切り替えるという打ち分けがしやすいんだよ

この考え方、サーブの時にも当てはめてる?

サーブってファーストサーブとセカンドサーブがあるでしょ?

ストロークの考え方でいくと、セカンドサーブは回転量多めの安定型になるから、ファーストサーブって基本的にはセカンドサーブの打ち方で回転量を減らしたものという考え方になる。

それを全く別物のサーブとしてファーストサーブ、セカンドを打っていると、どちらも崩れていきやすいのだ

だから練習の時なんかは、まずはセカンドサーブ的な安定型サーブを練習しよう。

ストロークの練習の時も、まずはミニラリーなんかで軽く回転の確認とかするでしょ?

あれと同じ感じで回転量多めのサーブをしっか練習し徐々にそのイメージやリズムを維持しながら、回転量の少ない攻撃型サーブに移行していくのだ。

そうやって手に入れた攻撃型サーブは、安定感を損ないにくいから、超実戦的なサーブと言えるし、何よりもストローク同様、ミスが続いて崩れた時にも修正しやすく元に戻しやすい。

だから試合の中でも安心感を得られるから、不安から来る変な緊張感も少なくなると思うよ。

もちろん、試合中のどっかでたまに使う一番速い超フラット系サーブなんかの場合は、ちょっとイメージが変わってくるけど、そんなの毎ポイントのファーストサーブで使ってたら、入らないし、そのサーブによってセカンドサーブもイメージしにくくなるし・・・で大変なことになるぞ。
 



 

一度自分の試合のデータをチェックしてみよう

もしかしたら、サーブの時に殆どフラット系ファーストサーブを打っているが、案の定それが入らず、セカンドサーブばかりでサービスゲームをこなしているかもよ。

そういう人は大抵、セカンドサーブもイメージが掴みにくくなり、苦しんでいる可能性は高いね。

さぁ、まずはセカンドサーブで使えるような、しっかり回転量多めのサーブを打ってみよう。

そして調子が上がってきたら、そのサーブの回転量を徐々に減らしながら、フラットに近づけていき、そしてファーストサーブを手に入れよう。

とにかく、ファーストサーブはスーパーセカンドサーブってことだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?

    ふと、考えてみる。自分のサーブの調子が良いとき、というのはこう…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

    ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。女性のサーブ?女性…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

    サーブの調子が悪い時。それには、共通点があります。その…

  6. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

特集記事

  1. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  2. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
  5. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
PAGE TOP