テニス サーブ

サーブ

「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?

原因は色々考えられるけど、まずは次に打つ時にショットの回転量を増やすでしょ?

 

「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

 


 

回転が増えることで、ボールが落ちやすくなるからネットに掛かりにくく、そしてコートの枠に入りやすいストロークになる。

そうやって安定させることが出来たら、また回転量を元通りの少ないショットにしていくというのがよくあるパターン。

ということは、回転量の多い安定型ストロークと、回転量の少ないパワー系ストロークは、基本的に同じ系統のショットであり、それを回転量で打ち分けていると言える。

だから打つリズムもスィングスピードも同じになり、ミスが多くなって回転量を増やしても、また調子が戻ってきたら、パワー系に切り替えるという打ち分けがしやすいんだよ

この考え方、サーブの時にも当てはめてる?

サーブってファーストサーブとセカンドサーブがあるでしょ?

ストロークの考え方でいくと、セカンドサーブは回転量多めの安定型になるから、ファーストサーブって基本的にはセカンドサーブの打ち方で回転量を減らしたものという考え方になる。

それを全く別物のサーブとしてファーストサーブ、セカンドを打っていると、どちらも崩れていきやすいのだ

だから練習の時なんかは、まずはセカンドサーブ的な安定型サーブを練習しよう。

ストロークの練習の時も、まずはミニラリーなんかで軽く回転の確認とかするでしょ?

あれと同じ感じで回転量多めのサーブをしっか練習し徐々にそのイメージやリズムを維持しながら、回転量の少ない攻撃型サーブに移行していくのだ。

そうやって手に入れた攻撃型サーブは、安定感を損ないにくいから、超実戦的なサーブと言えるし、何よりもストローク同様、ミスが続いて崩れた時にも修正しやすく元に戻しやすい。

だから試合の中でも安心感を得られるから、不安から来る変な緊張感も少なくなると思うよ。

もちろん、試合中のどっかでたまに使う一番速い超フラット系サーブなんかの場合は、ちょっとイメージが変わってくるけど、そんなの毎ポイントのファーストサーブで使ってたら、入らないし、そのサーブによってセカンドサーブもイメージしにくくなるし・・・で大変なことになるぞ。
 



 

一度自分の試合のデータをチェックしてみよう

もしかしたら、サーブの時に殆どフラット系ファーストサーブを打っているが、案の定それが入らず、セカンドサーブばかりでサービスゲームをこなしているかもよ。

そういう人は大抵、セカンドサーブもイメージが掴みにくくなり、苦しんでいる可能性は高いね。

さぁ、まずはセカンドサーブで使えるような、しっかり回転量多めのサーブを打ってみよう。

そして調子が上がってきたら、そのサーブの回転量を徐々に減らしながら、フラットに近づけていき、そしてファーストサーブを手に入れよう。

とにかく、ファーストサーブはスーパーセカンドサーブってことだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大

    サーブを打つ時に、実力を測るには「下半身の土台」が一つの指標になる。…

  4. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

  5. サーブ

    30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

    試合で、サービスゲームをどう考えるのか。色々考えた結果、私は最…

  6. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣が上手くいかないペアに、ありがちな特徴5つ
  3. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
  4. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?
  5. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
PAGE TOP