テニス メンタル

サーブ

サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

みなさんが、サーブを打つ前の構え。

それこそ、トスアップ前の雰囲気って、どんな感じでしょうか?

強い選手って、何だかこの段階ではすごくリラックスしていて、ダラーんとしている感じ。

ぜひ、みなさんもココを意識して欲しいんです。

最初から力んでしまったら、入るサーブも入らないですからね。

 

サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

 

1.イメージはフェデラー選手のダラーんとした構え!

これが一番良いお手本、だと思います。

フェデラー選手のサーブの構え、本当に腕を垂らしてダラーんとした感じ。

力は全然入っていないし、トスアップも自然。

何回サーブを打っても、疲れないようなイメージがありますよね。

こういう構え、が出来ると、試合でも有効です。

相手からすると、リラックスしている雰囲気が本当に嫌、なはずです。

 

2.脱力するから、動きが正確になる

力んでしまうと、上手くいかないのがサーブ。

毎回力んでいるとそれだけで疲れるし、毎回違う動作、になりがちなんですよね。

ガッチガチに固めているような腕、肩、を見ると、リターン側にも自信が出て来る。

雰囲気って、本当に大事ですよ。

緊張しているからこそ、脱力することで毎回正確な動きが繰り返される。

だからサーブも安定するんですよね。

打つ前から力んでいる自分、にまずは気付くことです。

 

3.こっそり友達に、撮影してもらおう

試合中の自分のサーブ、でないとダメです。

出来れば試合の緊張した場面、において、どんな感じになっているのかを客観的に把握したい。

きっと、思った以上に硬い動きになっているはずなんです。

これは、撮影して観てみるのが一番。

こっそりと友達に頼んで、後で見てみて下さい。

ダラーんとした動き、でのスタートになっているかどうか。

気付ければ改善出来ますからね。

 

4.良いサーブ、を打つことに集中しよう

力む要因は色々あると思いますが、先のことを考え過ぎているのかも。

前に出る、サーブ&ボレー、コートカバーリング・・・一回、頭を整理しましょう。

全ての作戦は、まず良いサーブを打つことからしか始まらない。

余計なことは考えず、しっかり良いサーブを打つことに集中する。

悪いイメージが浮かんで来たら、一回構えを解いて間を空けましょう。

それくらいの余裕、がある方が良いと思いますよ。

 

サーブを打つ前の構え、意外と見落としがちです。

自分が打っているボールにばかり、関心を奪われてはいませんか?

打つ前の雰囲気作り、リラックスの方法、ぜひ確認してみて下さい。

両腕ダラーん大作戦、有効なはずです!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

  2. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  5. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大
  2. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  4. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少しでも、読みやすい文章に・・・
  5. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう
PAGE TOP