テニス サーブ

サーブ

【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。

セカンドサーブをどう改善していくかは、試合に勝つうえで永遠のテーマ。

何度か書かせて頂きましたが、サーブに関する記事はアクセスも多く人気のテーマ。

今回は特にアクセス数の多かった7記事を、まとめてご紹介します!

 

【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

 


 

・第7位

シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

シングルスの試合では、セカンドサーブをいかにポイントにつなげるか。

その為には、しっかり打った後のディフェンスの力を付けておくこと、その意識が大事です。

 

・第6位

Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

ご質問で頂くケースが多いのも、セカンドサーブ。

やっぱり深く打つことに対して、皆さん課題を感じることが多いようですね。

 

・第5位

「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

試合の現場でしっかり修正出来る力、が勝敗を分けるのがテニスです。

ダブルフォルトは、試合の現場で直して減らしていきましょう!

 

・第4位

「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

ちょっと変わった視点で見ると、実はセカンドサーブも有効に使える。

受け身な気持ちでは、生まれてこない発想ですね。

 

・第3位

セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

セカンドサーブでもコースを狙えれば、相手リターン側も足止めされる。

踏み込んで来る相手、が上のレベルでは基本になります。

 

・第2位

「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実力が問われる

セカンドサーブほど、テニスの実力が問われるものはない。

カウントによっては勝敗をそのまま分ける、そんなセカンドサーブ、アナタはしっかり振り切れますか?

 

・第1位

テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウンド後の軌道をチェックしよう!

一番人気だったのは、この記事。

やはり皆さん、セカンドサーブを攻撃される場面、多いですよね・・・。

セカンドサーブの軌道、しっかり成長の証として伸びをチェックしていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか・・・?

セカンドサーブは、私もまだまだ悩んでいて改善中です。

大事なのは、調子が悪いときに試合の現場で変えていけるか、調整出来るかどうか。

練習、試合と、常に自分のサーブを変えていく勇気、持ちましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

    試合が始まって、気付くこと。「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

  5. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない
  2. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  3. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です
  4. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  5. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
PAGE TOP