テニス スライス

ストローク

前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。

特に、強い選手とシングルスの試合をすると、そうですよね。

やっと届いて、打点が後ろになってしまうこともある。

だからこそ、こういう感覚は大事になります。

 

前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

 


 

1.全てのボールを前に踏み込むなんて、無理です

学生の方ですごくアグレッシブ、な方に多いのですが・・・全部のボールを攻撃的にプレーしようとする人。

それって、無理ですよ。

だって、前に踏み込んでいけるボールは限られているし、打点が後ろになることもある。

そこでハードヒットしようとしても、ミスが増えるし肘も傷める。

必要なのは、打点が後ろになっても返球出来る技術。

そう、スライスという選択肢は、必要なんです。

 

2.スライスの利点を、もう一度おさらいしてみましょう

スライスの良いところは、何と言っても打点が後ろでもOK、という点。

それから、小さい振り幅でもブロックリターンのように、しっかり返球出来る。

上から下方向へ抑えるので、下から振るスピンよりも小さい振り幅でもボールの勢いの向きを変えてあげやすい、ですからね。

そして何より、遠くのボールでもコントロールしやすい、腕を伸ばしても打てる、というのがスライスの利点だと思います。

何となく、スライスでのストローク、使ってみたくなりませんか・・・?

 

3.前に踏み込めなければ、横に足を出すしかない

左右に大きく振られたとき、しっかり足を横に出せるかどうか。

フォアハンド側ならオープンスタンス、バックハンド側ならクローズドスタンスで、守備的な返球が求められる機会は多いはずです。

前に踏み込めないんだから、横にしっかり足を出す。

そのときに、打点が後ろでもスライスで返球出来る。

まずはこの覚悟、理解が前提として必要。

あとはしっかり、厳しい球出しで足の運び方を練習していきましょう!

 

スライスで1本、ストロークを凌げるだけでポイントは変わる。

そして勝敗が変わる、のがテニスです。

結局決められれば一緒?

そんなことは無い・・・というのは、試合に出ている皆さんなら分かるはず。

手を伸ばしてスライスで凌がれる、これほどプレッシャーになることは無いですからね。

フットワークとスライスの重要性、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる

    テニスの試合で、いかに「伸び」のあるショットを打てるかどうか。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させてみましょう

    「しっかり下半身を使って!」と、アドバイスを受けているテニスプレイヤー…

  4. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?

    特にシングルスの試合で、よくある光景。言い方は悪いですが、3回…

  5. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  6. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!
  3. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  5. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
PAGE TOP