テニス スライス

ストローク

前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。

特に、強い選手とシングルスの試合をすると、そうですよね。

やっと届いて、打点が後ろになってしまうこともある。

だからこそ、こういう感覚は大事になります。

 

前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

 


 

1.全てのボールを前に踏み込むなんて、無理です

学生の方ですごくアグレッシブ、な方に多いのですが・・・全部のボールを攻撃的にプレーしようとする人。

それって、無理ですよ。

だって、前に踏み込んでいけるボールは限られているし、打点が後ろになることもある。

そこでハードヒットしようとしても、ミスが増えるし肘も傷める。

必要なのは、打点が後ろになっても返球出来る技術。

そう、スライスという選択肢は、必要なんです。

 

2.スライスの利点を、もう一度おさらいしてみましょう

スライスの良いところは、何と言っても打点が後ろでもOK、という点。

それから、小さい振り幅でもブロックリターンのように、しっかり返球出来る。

上から下方向へ抑えるので、下から振るスピンよりも小さい振り幅でもボールの勢いの向きを変えてあげやすい、ですからね。

そして何より、遠くのボールでもコントロールしやすい、腕を伸ばしても打てる、というのがスライスの利点だと思います。

何となく、スライスでのストローク、使ってみたくなりませんか・・・?

 

3.前に踏み込めなければ、横に足を出すしかない

左右に大きく振られたとき、しっかり足を横に出せるかどうか。

フォアハンド側ならオープンスタンス、バックハンド側ならクローズドスタンスで、守備的な返球が求められる機会は多いはずです。

前に踏み込めないんだから、横にしっかり足を出す。

そのときに、打点が後ろでもスライスで返球出来る。

まずはこの覚悟、理解が前提として必要。

あとはしっかり、厳しい球出しで足の運び方を練習していきましょう!

 

スライスで1本、ストロークを凌げるだけでポイントは変わる。

そして勝敗が変わる、のがテニスです。

結局決められれば一緒?

そんなことは無い・・・というのは、試合に出ている皆さんなら分かるはず。

手を伸ばしてスライスで凌がれる、これほどプレッシャーになることは無いですからね。

フットワークとスライスの重要性、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

  3. ストローク

    テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な作戦とは?

    試合の相手で、「強いストローカー」のイメージってどんな感じでしょうか?…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  5. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にするこ…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
  5. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
PAGE TOP