テニス メンタル

メンタル

格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議

テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててますか?

つい、格上相手との試合となると・・・なかなか試合前から億劫になってしまう、やりたいテニスが出来ないことがほとんどですか?

私も経験があります。

偉そうに書くつもりはありませんが、少しでも意識しておけばいざシード選手相手でも、客観的に試合に入っていけるでしょう。

 

格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議

 


 

1.テニスの世界は、どこか格式社会

シード順位が、ここまでしっかりしているのもテニスくらいかも知れない。

上位選手は、上にあがるまでなかなか対戦しない、だから番狂わせも起き辛いし、一度シード選手になればその地位を守っていきやすい。

当然、下からの突き上げもありますが、まぁ少ない方でしょう、特に学生テニスの試合で番狂わせはなかなか起きない。

格上の選手に勝つ、というのが少ないのが学生テニス。

「いや、それは違う!」と声を出せる人は、きっとまだまだ伸びていく人。

ほとんどの選手は、なかなか格上選手、シード選手を相手に向かっていけないのです。

 

2.格上相手に向かっていくには、武器が必要

まず言えることは、しっかり向かっていくには武器が必要。

アナタ自身、この武器をしっかり信じることが出来るかどうかが大事。

信じ切って試合に勝つ、ことが格上相手には大事。

漠然と格上相手に試合に入ると、「あぁ・・・何が通用するのか・・・やってみないと・・・」と、気持ちが引いてしまう。

「ここで勝負をする、ダメなら仕方ない」という覚悟、がテニスの試合では大事でしょう。

普段の練習から、しっかり格上を相手に勝っていくイメージを持っておくこと。

ちょっとだけでも意識すること、から始めてみて下さい。

 

3.「あれ?意外といけるかも」と思ってからが、長い・・・!

自分の武器を手に、作戦立てたことが当たり、良い勝負に持ち込める。

ここからが・・・テニスの試合は長い。

勝てるかも、と思った瞬間から、一気に試合の流れが変わっていくことはよくあります。

格上相手に向かっていく、と思っていても、なかなか試合の終盤まで自分を信じ切ることが出来ないこと、多いですからね。

いけるかも、と思ったらすぐに自分に言い聞かせる。

「ここからが、本当の勝負だぞ」と。

そして、追いつかれてタイブレーク、のような試合になっても慌てない。

チャンスは諦めない限り、向かっていっている限り絶対に逃げません。

逃げるのは、いつもアナタ自身です。

 

具体的に、何が言いたいんだ・・・と思った方も多いと思います。

テニスの試合では、格上を倒すのは大変だけど、考え方次第。

自分が信じられる武器を用意して、終盤に気を引き締める。

言葉で書くのは簡単ですが、言葉にして想像出来ないことは何も達成出来ない。

まずは、想像してみて下さい。

格上選手、シード選手を倒す自分の姿を。

そこから全てが、始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

    テニスボールは、とても正直。私は、また最近そう感じています。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「あと、1本」は、地球の裏側くらい遠い

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いかと思います。みなさ…

  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

    「あー、ミスった!」と言って、悔しがる風景、試合でも練習でもよ…

  4. メンタル

    「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

    テニスの試合、みなさんはどんなポイントの獲得意識で入ってますか?…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

  6. メンタル

    分からない、で諦めない

    分からないと、イライラする。そんな経験、みなさんもたくさんあ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
  2. 戦術

    ミスをして良いポイントで、ミスは大丈夫
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ
  4. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
PAGE TOP