テニス ダブルス

フットワーク

相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。

ドロップボレーも、ダブルスの試合なら結構打たれますよね。

これに、良いようにやられていては上にいけない。

先読みして反撃、出来るように成長していきましょう!

そのために、まずはこの段階を経ないと無理ですね。

 

相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

 


 

1.相手のドロップショット、諦めてない?

まず、しっかり終えてますか?

これは試合だけでなく、練習からです。

相手の意図しないドロップ、つまりは当たり損ないのようなボールでも、絶対に2バウンドさせない。

この意志、強い意志がアナタ自身にあるかどうか、です。

こういう意志が無い人って、すぐ分かりますよ。

前を追わない人、の雰囲気の人と対戦すると、毎回私は「楽だなぁ」と思います。

だって、前に打つということは、それだけ打つ側にもリスクがあるということですから。

 

2.前にダッシュされる、のは誰でも嫌

一番嫌なのは、先読みされて走られることですが、普通に打った後に全力で走られるのも嫌です。

プレッシャーになるし、「簡単にドロップ、打てないな・・・」と思いますから。

アナタ自身に必要なのは、この前へのダッシュ。

相手がドロップを打つ、たびにしっかり前に走ってプレッシャーをかける。

触れなくても良い、毎回繰り返して「うーん、悔しい!絶対に取りたい!」と思えないと身に付かないですから、何も。

悔しさを感じてからが、勝負。

相手の癖を観察したり、山を張って先に前に走ったり。

ダッシュを繰り返す人は、真剣に考えて工夫し出しますからね。

 

3.ネットより低い位置で相手がボレー、ならドロップボレーの可能性大

これは、一つのセオリーですね。

相手が足元、ネットより低い位置でボレーしようとしているなら、ドロップボレーの可能性が高い。

ネットの近く、でネットより低い位置ならよりその傾向が強いですね。

思い切って、先に前にダッシュ、で良いと思いますよ。

それが相手の一番のプレッシャー、になりますから。

それに、考えてみて下さいよ。

ネットより低い位置からのボレーなら、叩かれることは無いでしょう。

結果的に相手が深く打ってきても、前に走りながらでもアナタは対応出来る。

それくらい、気持ちに余裕を持って走れば問題無いんです。

 

4.フライングダッシュ、繰り返そう!

相手が打ってから、動くのは卒業しましょう。

もう、ドロップは先読みして動く、自分のチャンスにしてしまう。

逆転の意志、を持って前に走る、それも相手が打つ前にスタートを切る。

これを繰り返していると、身体が勝手に反応してくれるようになるんですよ。

身体が先に反応する、相手のシチュエーションを見て、考えなくても身体が動く。

テニス選手としての大事な成長、ですね。

相手にドロップを許さない、この強さこそ試合で必要なんです。

 

前に走るのって、疲れるじゃないですか。

特にテニスでは、前後に走ると異常に疲れる。

でも、この走りが無い選手は勝てません、強くなれません。

まずは相手のドロップショット、ドロップボレー、に対しての反応を磨く。

許さないという姿勢を見せつけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 3月22日(金) T-PRESSセミナーを開催します
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を

    試合で必要な、スプリットステップ。これって、みなさん毎回どんな…

  4. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

    ストロークでの、フォアハンドの回り込み。試合で強い選手は、この…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ
  2. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
  5. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
PAGE TOP