テニス スマッシュ

ボレー

やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

今回も、少し裏技的なお話を。

実際に、やっている人も多いと思いますが、ちょっと基本からは逸脱します。

予め意識した上で、読んでみてください。

アナタが前に出て、ネットプレーをしようとしたけど厳しいところを突かれた・・・という想定、です。

 

やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

 

1.やっと届いたボレー、基本は丁寧に返球だけど・・・

普通は、こうですよね。

まずはしっかりブロックして、相手コート深くに返す。

これが基本です。

やっと届いているのに、無理するなんてとんでもない。

でも・・・どうでしょう。そこで甘い返球になってしまうと、結局次でやられてしまいませんか?

私なら、試合のスコア状況にもよりますが、「ドロップで切り返す」という発想を持っておきたい。

だって、相手からすると「自分が攻めているのに・・・え?」という感じでしょうから。

2.「まさか、ここで!?」だから、ドロップボレーは決まる

アナタ自身、経験あると思います。

相手のドロップボレーが決まる時って、こういう時。

まさかここで・・・という場面、自分が攻めていて相手に余裕が無いような時、にはつい警戒心を解いてしまう。

だからこそ、やっと届いたようなボレーの時には、効果的なんです。

腕を伸ばした状態で、ラケットを強く握らない。

短いボレーを手前に落とすイメージで、余裕が無い状況を利用してしまう。

これが実は、試合で効果的ですよ。

 

3.ダブルスの前衛でポーチに出た時も、効果的!

私は、これをダブルスで使います。

前衛でポーチに出て、やっと届いたような時・・・には、ドロップボレーにしてしまう。

強打する、または中途半端につなぐよりも、ずっとこっちの方が得点率が高い。

難しそうに見えるかも知れませんが、そうでも無いです。

大事なのは、必死に腕を伸ばしながらも、「前に落とす」というイメージが湧くかどうか。

普段の練習から、遊び感覚で使ってみることをオススメします。

 

4.大事なのは、「遊び感覚」でしょう!

真面目な方、には辛い発想だと思います。

極端な話、「このポイントは落としても良い」くらいの感覚、遊び感覚で打っていけば決まります、こういうショットは。

試合の中で、こういうショットが決まるとすごく楽になるんですよね。

相手からすると、せっかく攻撃的に優勢に出ていたのに、切り返されて失点、ですから落ち込んでしまう。

やり方自体は、簡単なはず。

やっと届いたボレー、脱力して少しだけボールの下を触る、でドロップボレーになりますから。

ぜひ、試してみて下さい。

 

ダブルスはもちろん、シングルスでも効果的です、このボレー。

試合でもよく見ませんか?

やっと届いたボレーは、あえて短く打って前に落とす。

まずはこういう発想、を持てるようにしましょう。

邪道?と考える方も多いですけどね。

私は一番、ポイントを取れる形を考えているだけ、ですから。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、体重が乗っていないので簡単に反撃されてしまう

    ボレーが苦手な人は、雰囲気で分かる。腰が引けてしまっていて、ボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのボールを安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えてお…
  4. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!
  5. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
PAGE TOP