テニス スマッシュ

ボレー

やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

今回も、少し裏技的なお話を。

実際に、やっている人も多いと思いますが、ちょっと基本からは逸脱します。

予め意識した上で、読んでみてください。

アナタが前に出て、ネットプレーをしようとしたけど厳しいところを突かれた・・・という想定、です。

 

やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

 

1.やっと届いたボレー、基本は丁寧に返球だけど・・・

普通は、こうですよね。

まずはしっかりブロックして、相手コート深くに返す。

これが基本です。

やっと届いているのに、無理するなんてとんでもない。

でも・・・どうでしょう。そこで甘い返球になってしまうと、結局次でやられてしまいませんか?

私なら、試合のスコア状況にもよりますが、「ドロップで切り返す」という発想を持っておきたい。

だって、相手からすると「自分が攻めているのに・・・え?」という感じでしょうから。

2.「まさか、ここで!?」だから、ドロップボレーは決まる

アナタ自身、経験あると思います。

相手のドロップボレーが決まる時って、こういう時。

まさかここで・・・という場面、自分が攻めていて相手に余裕が無いような時、にはつい警戒心を解いてしまう。

だからこそ、やっと届いたようなボレーの時には、効果的なんです。

腕を伸ばした状態で、ラケットを強く握らない。

短いボレーを手前に落とすイメージで、余裕が無い状況を利用してしまう。

これが実は、試合で効果的ですよ。

 

3.ダブルスの前衛でポーチに出た時も、効果的!

私は、これをダブルスで使います。

前衛でポーチに出て、やっと届いたような時・・・には、ドロップボレーにしてしまう。

強打する、または中途半端につなぐよりも、ずっとこっちの方が得点率が高い。

難しそうに見えるかも知れませんが、そうでも無いです。

大事なのは、必死に腕を伸ばしながらも、「前に落とす」というイメージが湧くかどうか。

普段の練習から、遊び感覚で使ってみることをオススメします。

 

4.大事なのは、「遊び感覚」でしょう!

真面目な方、には辛い発想だと思います。

極端な話、「このポイントは落としても良い」くらいの感覚、遊び感覚で打っていけば決まります、こういうショットは。

試合の中で、こういうショットが決まるとすごく楽になるんですよね。

相手からすると、せっかく攻撃的に優勢に出ていたのに、切り返されて失点、ですから落ち込んでしまう。

やり方自体は、簡単なはず。

やっと届いたボレー、脱力して少しだけボールの下を触る、でドロップボレーになりますから。

ぜひ、試してみて下さい。

 

ダブルスはもちろん、シングルスでも効果的です、このボレー。

試合でもよく見ませんか?

やっと届いたボレーは、あえて短く打って前に落とす。

まずはこういう発想、を持てるようにしましょう。

邪道?と考える方も多いですけどね。

私は一番、ポイントを取れる形を考えているだけ、ですから。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

    試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。これって…

  3. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  4. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

    ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。…

  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

    ネットプレーの実力、それはハイボレーで図るのが一般的です。なぜ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう
  2. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  3. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は・・・?
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです…
  5. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!
PAGE TOP